97 テニス

2010年9月 1日 (水)

快心のゲーム

久々にテニスネタです。

まぁ、ちょっと、うれしかったことがありました。

ダブルスで、こちらはともに、グループで最下位を争うペア。
むこうは、上位ペア。片方はグループで一番のプレーヤー。

こちらのサービスゲームで、ワタシが前衛。
ネットプレイで、相手をかくらんして、ゲームを取れました。

ネットプレイは5分5分のポイント取得率でしたが、最後の最後で、
それまでポーチしまくったワタシはステイし、
No1プレイヤーがリターンを大幅にサイドアウト。

多分、ポーチにくるはずが、出なくて、勝手が違ったんでしょうが、
こういうミスは、こっちの動きがプレッシャーになってのもの、
と勝手にいい評価しまくってます。

レフティーもだいぶ様になってきて、このグループのプレーでも
それなりに続くようになりつつあります。

今、アドサイドバックハンドのストレートにとりくんでます。
このボール右利きにはバックハンドになって、非常に取りにくいようです。

まだまだ、合格点には達してませんが手ごたえはあります。
プレーしてくれるみなさんには、感謝しながら、上達したいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

こんな反応はじめて

一緒にテニスをやってる人が、ワタシが右利きなのに左でやってるのを知ってしまって話しかけてきた。
けっこう、否定的な意見を言う方が多いんです。
この手の人は、たいてい、スクールに通う人じゃなく、自分たちのグループでのテニスしか知らないような人が多いというのが、経験則ですね。

でも、その人は、他にも2人、私と同じような人がいると言っていた。
こんな反応は初めてでした。

ちょっと、どんな人なのか、興味アリデス。
一体、どんなプレーをするのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

テニスレッスン、再び

テニスのレッスンを再び受けてきました。


8の字ストロークのドリル、きついっす!
意気が上がります。
ハーハー、ゼーゼー
ほかの2人は平気な顔をしています。

フルマラソン走ってるのに、なぜだっ!って思いました。
でも、よく考えたら、トーゼンです。

これ、どちらかというと、短距離系のメニューの運動負荷なんですね。
テニスって、短距離系 + 長距離系 の運動でした。

それと、後になって背筋にかなり負荷がかかっるのが実感してます。
おかげで、背筋が鍛えられそう。

と、これは個人的なクセです。
ストロークのとき、前かがみになりすぎる。
右でも同じことが言われてましたが、左でもそうなるって、体のクセって面白いですね。

テニスって、状態は重力に垂直を保つ競技だから、意識して姿勢作りをしないといけないです。
これって、体の感覚を養うのに効果ありそう。

右ひじの負担を減らす + 体の左右のバランス が主な目的ですが、ほかにも効果があって、結構楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

何年ぶりかのテニスレッスン

テニスのレッスンを受けたのは、もう何年ぶりだろう?
たしか、2005か2006くらいまで受けていたような気がする。

今日は、水曜なのにGWでお休み。まぜのおかでテニスのレッスンを受けることができました。


うけてみて、感想を一言。
横の動きがツライ!
8の字のストロークのドリル、腰がもうガクガク。
Hコーチは軽めにしたというが、なんだこりゃ状態です。

マラソンを走っていて、機械的な前への動きばっかり。
先日、山に登ったときも、不規則な動きにてこずったのですが、またまた実感!です。


でも、これって、体幹を鍛えるトレーニングとして、最適なような気がする。
なんか、前に読んだ本の動きに通ずるところがあって、いいかも~と思った。

やっぱ、いろんなスポーツを楽しむのっていいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

今日のテニス

今日のテニスは、例のアップが十分できなかった。そのためか、サーブもイマイチ。パワーはあるが入らない。

理由は、右側の壁がうまく作られていないことにある。体の操作が十分でないのだ。
アップの時間が不十分だったのだが、それに気づくことができるのも進歩だなと、いいように考える。

その代わりと言ってなんだが、バックハンドは厚い握りで、厚いあたりが出るようになって来ていて、上達を感じている。
まだまだ、入る確率は低いけど、まず当たりを意識して体を操作しているので、焦る必要はないと思う。

今日一番、上達したポイントだと気がついたのは、左フォア。
力がなかなか入らなかったのが、自然に入るようになった。
なんか、神経が通ってるんだかわからないように感じていたのが、少し良くなって、自然とペースのあるボールが打てるようになってきた。これは、さっきのバックハンドにも言える。

レフティーテニスも、少ない時間の中で、意識して取り組むことで、結構速いペースでレベルが上がってきているのが楽しい。試合形式でやってるけど、ちゃんとテーマを持ってしてるので、それなりの効果があるんだろうな、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

効果的なサーブのアップ

先日、夢の中でテニスをしていた。
アドコートから、逆クロスを打ちまくっている!
はっと、気がついたら、右打ちになっていた。

う~む、まだまだ、レフティーへの道のりはながいのかな?と思った次第。


話は変わるが、今日のテニスは、よかった。
遅れて行ったせいもあり、ひとりでアップをしたが、これがよかった。
サーブの遠投をひたすらしたから。
Hコーチに教えてもらった方法です。

おかげで、肩がよくまわり、左からのサーブが面白いようにきまった。
いままで、肩のアップが十分でなかったことを思い知らされたのと、
ちゃんとしたら、いいサーブが打てるんだという自信にもつながった。

もんだいは、このアップがいつもできる環境にあるかだ。
これは、ちょっと自信がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

再び、Mさんのおかげです!

今日もまた実感してしまった!

やたら、パワフルになっている。
まず、サーブ。体が楽に動かせる。

そしてフォア。
打球の勢いが全然違う。

バックハンドは前から得意だけど、
スライスしかなかったのが、
ドライブ気味のあたりが打て出して
Hさんもびっくりしていた。

すべて、日曜の20キロランのおかげだ!
もう体が変わってきていて、それがテニスにも影響している。
このチョーシで走っていけば、そうとうな影響があると思う。


虫歯が原因の肩こりもテニスとそのあとの温泉で解消されたようで、体に力が入らない。
もうこのまま寝よう...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

絶対的筋力不足!

サービスのスタンスをスクエアに変えたのがいいのか知らないが、遅れて行った第1試合でいきなりキープ。
いいボールが行ってます!

ひょっとして、練習しなかったのがいいのかな?


それを裏づけるように、次のサービスゲームは球が走らない。
もう、筋肉がギブアップなのか?


あと考えられるのは、体がうまく使えていないせいかも。
サーブをしているうち、体のバランスが変になってしまった可能性がある。
なんか、うまく動けてない感じだったから。

思わぬところで落とし穴。
どうも、レフティーでやっていくには、筋力不足のようです。
でも、そんなもん、つづけてやっていくうちに筋肉もついてくるやろ~と思ってます。
やっぱり、回数は必要だなぁ~と実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

一瞬に発見の連続

久々にテニスネタ

あいかわらず、レフティーでやってます
こないだの土曜日、思いついてサービスのスタンスを極端なクローズドから、スクエア(?)に変えてみました
左ではまだ体の操り方がうまくいかないので、この方がシンプルでいいかも

一瞬、一瞬考えながら試しながら楽しんでます


フォアがときどきひきつったように打つといわれてますが、自分の姿が見えないのでよくわからない...

多分、そうとうお笑いフォームで打っているんでしょう!
ビデオに撮って見たら、爆笑することでしょう!!

でも、すごいボールは行っているので、このギャップがポイントに結び付くんだなぁ~と、ひょっとしてこれは今の自分の武器なのかもしれないな

バックハンドの方がどちらかと得意で、スライスの強打は多分メンバーの中では、トップクラスでしょう
(どんなメンバーや?)
ただ、早いボールには強いけど、弱いボールは振られた時の安定感がイマイチなんで、まだまだ課題アリですね

でも、その方が楽しい


こんなレベルですが、プレッシャーを感じる方もいるようで、前衛に来た時、やたらボディーを狙ってくる人もいます
こうなれば、シメシメです

怖いですが、相手がプレッシャーを感じるところまで来ているんですから
この調子でゆっくりマイペースでやっていこうと思います

ボールを打った数が圧倒的に違うし、いきなり同じレベルにはなることを期待するのは虫がよすぎなんですが、少し手ごたえを感じています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

左打ちのレッスン

昨日、久しぶりに日和佐の城山テニスコートに行った。
もう何年振りだろうか?

あいかわらず、クラブの人たちがテニスをしていたが、2人しかいない。
話をしていると、混ぜてくれるというので、入ってテニスをすることに。

でも、左打ちに変えているところなので、ショットの出来不出来が激しい。
U田さんは疲れてきて、Y坂さんにバトンタッチ。


Y坂さんはワタシのバックが特にヘタなのを見て、急きょレッスンとなった。
おかげでバックハンドは見違えるようによくなった。


そういえば、シングルス形式で生きたボールを打つ機会があまりなかった。
今回は非常にためになりました。
レフティー転向、今までダブルスの試合形式でうまくいっていたんで、チョットいい気になってたけど、まだまだだと思い知らされました。

U田さん、Y坂さんに感謝!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)