75 滝

2011年7月27日 (水)

海部川最奥の集落 5 名もない滝

何か魅かれるものを感じて、鉄線橋の向こうに、行ってみました。
山道があって、谷の底にはこんな景色がありました。

Sp7150394
▲黒い岩肌が印象的な滝

滝の名前はわかりません。
黒い岩肌に、水の模様が描かれていて、とてもビューティホーです。

高さは4mくらいでしょうか、そんなに大きくないですが、
たたずまいがとても様になってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

谷底から見る笹無谷のとどさん

以前、訪問してから目を付けてました。
笹無谷のとどさんを、谷底に降りてみてみる。

Sp3050280

渓谷を遡って行きます。
その奥に、待っているのはこんな景色。

Sp3050298

ぽっかり、口をあけた釜
水にぬれるので、ここで断念。
今度は、この中に入ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

槇木屋谷の滝 2 ほんとは1

槇木屋谷の帰り道、鉄線橋を過ぎた地点。
行く時にも滝を確認していたんですが、谷に降りるルートが険しそうだったので、帰りにしました。
前回の滝より、下流にあります。

Sp6200145
▲滝

滝としては、こちらの方が、はるかに滝らしい。
雨が降っていなくても、滝になっていそう。

Sp6200149
▲上流

こちらも、お約束になりつつある、河原の状況。
かなり幽玄な雰囲気です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

野根川をさかのぼる

野根川をさかのぼってみました。
久尾に行くみちすがら、雰囲気のいい河原を発見しました。

Sp6200224
▲淵

右手の奥に小さな滝があります。

Sp6200222
▲滝

上流の様子もなかなかです。

Sp6200228
▲上流

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

槇木屋谷の滝

槇木屋谷の鉄線橋を越えて行くと、谷から大きな音が聞こえてきます。
滝のようです。
そこで、谷に降りてみました。

Sp6200142
▲槇木屋谷

はじめて、槇木屋に降りました。
この川は、槇木屋谷って呼ばれてますが、海部川の本流なんです。

Sp6200129
▲上流

リバートレッキングするのも面白そうですが、
鮎師がくる季節は、考えものですね。

Sp6200137
▲滝

これが、見つけた滝です。
雨が降っていなければ、あるのかな?
滝のすぐ下流の地層は、みごとに浸食されてます。

Sp6200141
▲下流

また、こんどは、晴れた日に来よう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

石門の滝 6.27

大雨警報が解除になったのが朝5時過ぎ...
石門を訪ねてみました。

Sp6270029
▲石門の滝 6.27 6:52am

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

石門の滝

石門の前にはこんな滝があるのです。

Sp5310334

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

地獄谷 8 さらにまた滝

どーなってんの?

Sp5300193

またまた、10分くらいで次の滝

この滝に行く間に別の谷が合流してます。

Sp5300212

このあたりは、楽しくなる渓流です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

地獄谷 7 お次の滝

地獄谷、ほんの数分でお次の滝が現れます。

Sp5300124

畳のような平たい岩が印象的です。
この岩の上で食事なんかできそう。

Sp5300237

上からのぞいたら、こんな感じです。
樫木屋、この辺はけっこういい感じです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年6月 1日 (火)

地獄谷 6 またもや滝

またもや、樫木屋、地獄谷へと行ってきました。
轟神社あたりに駐車。
歩き始めて、約50分、前回行ったところを通り越したら、滝を発見。

Sp5300261

この辺、岩がゴロゴロ。いい雰囲気です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧