73 千軒伝説

2007年6月30日 (土)

那佐千軒

Nasasengen101

ここは那佐千軒の伝説のある浜です。千軒伝説は、カイフのあちこちに点在しています。画像はクリックすると大きくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

千軒伝説 その3

また、新たな千軒伝説の話を聞いた。場所は竹ヶ島あたり。どうも、この手の話が多いですね。うぅむ、これは、調査が必要かも...といって、誰が潜って調査するのだろう?そんな奇特な方いらしゃいませんかぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月19日 (月)

出航!

Shukkou今日の10時、日和佐漁協から二見探検隊が出航しました。総勢10名は越えていたでしょうか?それでも、だいぶ減らしたようですね。ワタシは残念ながらお見送りのみでした。

海中を探索しますので、ダイビングサービスのノアむぎ2000のダイバーが同行しています。さて、どんな結果になったでしょうか?楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月15日 (木)

二見探検隊 海へ!

先日からアップしてきた二見探検隊が、いよいよ海から二見を探検することになった。

2月19日(月) 午前10時から 出発地はヒミツということにしておこう。その方が雰囲気があるからね。

残念ながらワタシは参加できそうにない。休みが取れない!仕方ないので、M上さんに写真をバシバシ撮ってきてとお願いした。まぁ、よければ次回があるか、と勝手に決め込んで慰めている始末。さて、どうなりますやら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

海の探検隊

1月20日に行われた二見探検がきっかけで、二見の浜の海中を探検することが本決まりになったらしいです。海中にかつての住居跡とか見つかれば面白いですね。

まだ潜る日は未定なのですが、どうやら今月中のようです。どんな結果が出るか、非常に楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

幻の地震

先日、二見千軒が地元マスコミで取り上げられ、小さな町にも少し反響があったようです。

千軒伝説の項でも書きましたが、他にもいくつかの伝説があります。このなかで、福良千軒正梶千軒は同じ時期の地震が原因となっています。その時期は1500年ころのモノで、この時期に地震の記録がなく、幻の地震となっています。これが原因で、これらの千軒伝説がいまいち信憑性に欠けるわけです。

Shinchoki今日、海南博物館を訪れたところ、偶然お会いした方から、この地震を裏付ける資料をいただきました。その資料の名は「震潮記」で、宍喰の田井家に伝わる古文書で、宍喰を襲ったかずかずの地震について記録した貴重なものなのです。この古文書の現代訳を行い出版されたのが、今日お会いした田井晴代さんです。

昨年6月に発行されましたが、幻の地震についての資料としての貴重性から専門家からの問い合わせが結構あるようです。この研究が進んで、幻の地震の実在性が高まれば、福良や正梶の伝説の信憑性も高まります。

そういった意味からワタシも非常に注目しています。今日の出会いも偶然でしたが、田井さんも分からないことがあって、博物館に聞きに来ていたのですが、そのことに関することをワタシが知っていたので、お互い引き寄せられたようで、不思議な体験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

二見探検

20日行われた、二見探検に行ってきました。集合時間ギリギリにいった上に、場所を勘違いしてしまい、遅刻。皆さんは、すでに出発していた。まぁ、浜まで下りることはないから、少々遅れても大丈夫、と油断していた節もありました。

現場に到着すると、ちょうど五輪の塔(?)から、谷の方へ移動しているところでした。12月に一度行っているところであり、そんなに新しい発見はなかったですが、地元で古い時代のことをよく知っておられる方のお話しを聞くことができたのは、貴重な体験でした。

仕事でよくご一緒しているM上さんがいらしていて、情報交換もできました。そのうち、海中の探検もすることになっているそうです。

現場での調査の後は、公民館で参加者の意見交換がおこなわれ、ここでも古い話が聞けて参考になりました。この日のことは、翌日の地元紙に掲載されていますが、放送局もきていて、木曜日の番組で放映されるそうです。

25日、朝7時から、「おはよう、と○し○」だそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

千軒伝説 その2

先日、千軒伝説として、二見千軒古牟岐千軒福良千軒を取り上げた。これらの他にも、海部郡には千軒伝説があるということが分かった。

それは、大池千軒正梶千軒蛇王千軒の3つである。

大池千軒は、美波町(旧由岐町)の小学校と中学校があるあたり。正梶千軒は海陽町(旧宍喰町)正梶、蛇王千軒は、海陽町(旧海南町)のまぜのおかに近接している海老ヶ池のあたりです。

こんなにあるとは知りませんでした。この情報源は海部郡選出の県会議員が発行しているレポートです。先日郵送をお願いしておりましたら、ご丁寧に送ってくださいました。この場を借りてお礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元祖! 二見探検隊

今朝の地元紙に二見の記事が出ています。ご近所のAさんが、電話で教えてくれました。けっこう大きく取り上げられてます!いよいよ二見探検隊の出動です。20日ですが天気は大丈夫でしょうか?楽しみですねぇ~

しかし、少し記事に誤りが...

ひとーつ!二見は山河内ではない!日和佐浦である。二見の南にある明丸(あきまる)からが山河内なのだ。日和佐浦と山河内は村が違うのである。

ふたーつ!二見は千羽海崖には入らない!千羽海崖は記事にもあるように約2㎞。二見の北にある外ノ牟井の浜までが千羽海崖なのだ。でも、あんまり偉そうなことは言えない。ワタシも間違ったんだから。

みぃっーつ!はありません。(かな?)新聞屋さん、しっかりしてくれぇ~

しかし、細かいことは問題ではないです。地元が盛り上がるのが一番ですから。記事で大きく取り上げてくれるのは何よりの宣伝効果です。福良にも千軒伝説がありますので、これとセットで売り出すのもいいかもしれませんねぇ~

今回、二見探検隊が結成されたので、すでに二見を探検したワタシは、今後元祖!二見探検隊と名乗ることになりそう。しかし、これからどんな風に発展していくのか、非常に楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

二見の滝 7 後記

 2004年(平成16年)のことです。8月6日付けのうちの県の地方紙の25面に特集があって、魚つき林がでています。その中で千羽海崖がとりあげられていて、写真の下に「海に直接落ちる滝もある」と書かれています。

 その数年前に親しい友人から、こんな滝があるとは話は聞いていました。それでワタシは知り合いの漁師に聞いてみましたが、「そんな滝はない」といわれ、半信半疑でしたが、これでやはり実在するんだと思いました。その新聞社にメールで問い合わせしましたが、「メールでは説明しづらいので担当者あて電話して欲しい」という返事でした。結局電話はしませんでした。

 しかし、ホームページでネットサーフィンをして「外ノ牟井」にある滝の存在を知って、見に行ったりしましたが、イメージが違い、満足できませんでした。

 2006年(平成18年)仕事の関係で知り合ったsugimotoさんに聞いたら、「二見にありますよ」という話でした。この浜の存在は前々から知っていました。千羽の遊歩道を歩き回っているワタシは、よく遊歩道から浜に下りて遊んでおり、浜を探していたからです。4月か5月にこの話を聞いて、「一度カヤックで案内してください」とお願いし、ようやく10月に滝を海上から見ることができました

 その後、12月に今度は陸から二見に下りて至近距離で滝を見ることができました。偶然ですが、サンラインから二見に下りるポイントは、8月にドライブしていて「なんか変なところだな」と気になっていたところだったんです。そのとき、寺屋敷まで行っていましたが、ハチがいて引き返したのでした。

 二見の滝を調べているうちに、「二見千軒」に行き当たりましたが、これも以前から聞いていた話でした。と、このように妙に結びついていきます。

 さて、地元日和佐でも「二見千軒」が話のネタになっていると聞きました。どんな話が出てくるか、とても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)