« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

踊る空き缶、歌う空き缶

先日、ひょんなことから、こんな物を見つけました。

Sp5280227
▲踊る空き缶

Sp5280240
▲歌う空き缶

ご趣味でつくっているようですが、
表情がなんともユーモラスで、思わず笑ってしまいます。

こんなのほしいと思う方、けっこういるのでは?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

芝生絵

こんなのをみつけました。

Sp5070337

ただ、芝を刈るだけじゃ面白くない。

Sp5070339

訪れたひとにも、癒しのひとときかも。

Sp5070341

阿波海南文化村で、絶賛公開中?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

ゆるい展@木岐夢ギャラリー

木岐のある古民家ギャラリーで、とある展示会に行ってきました。
いきなり、海の怪人がお出迎えです。

Sp5220392
▲けっこうな迫力

浜に流れ着いた漂着物を丹念に洗い、においもとってからつくったものです。

建物の中は、落ち着いた雰囲気でくつろぎながら、
都会の喧騒を忘れるひとときを味わうことができます。

Sp5220397
▲こんな風景の中、オーナーの勝瑞さんや企画した幸田さんたちと談笑

展示会は、「ゆるい展」
徳島スローアート協会が主催
そして、会場はそのスローアートにふさわしい、木岐夢ギャラリー

店の奥にはもう1体、海の怪人がいました。
どうもこの作者は、私と同じ町内の方らしい。

Sp5220393
▲なんか、子供にウケそう。

ほかにももう1体あるんですが、しつこいのでやめておきます。
この作者のアルバム?も見ましたが、なかなか楽しめます。
徳島市からの帰り、ゆったりした気分に浸り、家に帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

宍喰の謎

ここんとこ宍喰の祇園さんで、記事をアップしてます。
文献を探すと、よく出てくるのが三大祇園です。

京都、備後の鞆とならんで、宍喰が3大祇園だという話。
備後風土記に記述されている話とかがその源らしい。
どうも、宍喰は京都と関係があったらしい。

前々から、宍喰の町を歩いていて気がついたことがある。
この町は条里制になっている。
京都の町並みに似ている。
一条、二条とかがないので、ただの偶然なのか?

確かに、全国あちこちにある小京都には名を連ねていない。
どうしてなんだろうか?

それと先ほどの三大祇園。

Wikipediaでは、三大祇園は
祇園祭(京都市、八坂神社)、
博多祇園山笠(福岡県福岡市、櫛田神社)、
会津田島祇園祭(福島県南会津町、田出宇賀神社、熊野神社)となっている。

どれが正しいの?
いろんな謎があるなぁ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月16日 (月)

月と長刀

宍喰の祇園さんの山鉾は、大山鉾と小山鉾という。
大山鉾には桂男が出しになり、小山鉾は、長刀となっている。
そこで、大山鉾は、桂男鉾、小山鉾は長刀鉾となる。

京都の祇園には、現在桂男鉾はない。
でも、応仁の乱以前には「かつら男ほく」があったらしい。
別名、月鉾。
(「山・鉾・屋台の祭り」/植木行宣)

あぁ、それなら今の京都にもある。
でも月読命となっている。

桂男は月に棲む男なので、月鉾でもおかしくない。
でも、なぜ宍喰では、桂男と長刀なのだろう?

月はどういう意味があるのだろう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

日和佐道路の絶景を楽しむ爽快なイベント

ようやく、日和佐道路が開通する。
つい先日、新聞で見た。
7月ごろだ。

と思ったら、開通記念イベントをするらしい。
何せ日和佐道路は景色がいいのでいいイベントになりそう。

「四国の右下」ロードライド2011

2011.7.10開催予定

3コースあって、ロングは116km。
四国の右下の1市4町を走破するコースになっている。

さきほど、ワタシのテニスのツレである、担当者から連絡をもらいました。
詳しくはここです。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

月に棲む男

四国の右下で一番の祭りといえば、やはり宍喰の祇園さんじゃないかと思う。
数年前、町史とか読んでいて気になることがあった。
でも、すっかり忘れていて、知り合いの学芸員さんにいわれて思い出したことがある。

桂男。

祇園さんの山鉾に乗っかっている。
非常に気になる存在なのだ。

http://park.geocities.jp/sakurako184/hakenkaiyoutyou1/21.jpg

なんでも、宍喰の人に聞いたら、月に棲む男といわれた。

調べてみると、どうも紀州の妖怪らしい。
でも、それなら、祭りにそぐわない気がする。
なんか別のいわれがあるんじゃないだろうか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »