« 水主神社の経箱に書かれた墨書の記事 | トップページ | ようやくラン »

2011年1月18日 (火)

阿波国海部郡薩摩郷のいわれ

年末は少し時間があったんで、薩摩郷について考えてみた。
記事のこともあったし、K師匠からその記事をもらったし。

「薩摩郷」の場所ではなくて、なぜ「薩摩」と呼ぶのか?
そして、どうして文献にそれほど出てこないのか?

ウィキペディアで薩摩国をしらべて見た。
沿革のことろで目がとまる。こんなことが書いてある。

---------------------------------------------
大宝2年(702年)に、日向国から唱更国が設けられた。
唱更(はやひと)は、辺境を守るという意味である。
『続日本紀』8月1日条にある、薩摩多褹を征討し戸を校して
吏を置いたという記事が、唱更国と多褹国の建置を示すと
考えられている。
唱更国は、数年以内に薩麻国に改められた。
8世紀半ば以降のいずれかの時点で薩摩国に改称した。
---------------------------------------------

ふーん昔は別の名前だったんだ。
じゃあなんで「薩摩」とつけたんだ?

って考えたら、薩摩の語源を調べたら、
同時に「薩摩郷」のいわれもわかるんじゃないかな?

「薩摩」を固有名詞的に考えたら答えは出ないけど、
普通名詞的に考えたら、面白いんじゃないかな。

で、ネットで調べてみた。
あった。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/sub16.html
出典:「山ものがたり」から

「薩摩」=さつま(狭詰)。詰まった地形。奥まった所。さつま(狭端)。

意外と簡単。
そう、「薩摩郷」は、「狭詰郷」だったんだろうなぁ。

薩摩には、まだ他の意味もあるかもしれないけど、
とりあえず、ほっとしました。

|

« 水主神社の経箱に書かれた墨書の記事 | トップページ | ようやくラン »

89 海部族」カテゴリの記事

コメント

昨日、牟図返却

投稿: kazunori | 2011年1月20日 (木) 09時16分

ありがとうございます。
買ってしまいました。

投稿: wildwolf | 2011年1月21日 (金) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/38522653

この記事へのトラックバック一覧です: 阿波国海部郡薩摩郷のいわれ:

« 水主神社の経箱に書かれた墨書の記事 | トップページ | ようやくラン »