« アドベンチャーレースの下見 | トップページ | エクストリームチャレンジin四国の右下 終了! »

2010年11月 4日 (木)

海部と薩麻

もう5年くらい前に、震潮記をいただいた方から、
海部にサツマって地名ないですか?
と聞かれたことがありました。
この方がいうには、
奈良市の平城宮跡から出土した8世紀の木簡に
「阿波国那賀郡薩麻駅」という駅名があるらしく、
博物館かどこかのセンセイに聞かれたらしいです。

詳しくは↓
http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/hasegawa/manyu/mizushi.htm

その時にワタシは、
地名はないけど、人の姓ならあります、とお答えしました。
海部の中山によくある「左津前」(さつまえ)姓、
日和佐にはそのまんま、「薩摩」姓があります。

そのときは、お教えして終わったんですが、
あとで自分で調べてみたら、
8世紀なんだから海岸線は今より内陸寄りなんだろうな。

中山も海に近かったかも。

|

« アドベンチャーレースの下見 | トップページ | エクストリームチャレンジin四国の右下 終了! »

89 海部族」カテゴリの記事

コメント

現在の薩摩家当主よく存じ上げております 厄除橋下流に薩摩の堤防、相生町杉山に薩摩の別荘跡がございます

投稿: kazunori | 2010年11月 4日 (木) 07時25分

薩摩のハナのことですか?

相生の別荘、メールでお教えくださるとありがたいです。

投稿: wildwolf | 2010年11月 4日 (木) 09時07分

そうですね!土佐から、若しくは、土佐へ移動するさい、中山には居敷越えの街道が有りますね。野江の馬路越えよりも、2km内陸に入ります。中山の宍喰谷から、那佐に抜けてる遍路道horse さらに、佐津前姓の他に海岸線を彷彿させる、舟戸姓、薩摩に多い「鶴」を使った苗字、鶴和姓も有ります。

投稿: サテパパ | 2010年11月 5日 (金) 11時36分

吉野から居敷越で宍喰の途中にある中山あたりは、交通の要衝だったんでしょう。高園から野江を通って櫛川への途中にもなりますし。

舟戸は、意味的に海部族にはゆかりのある名前なのかな?
鶴って薩摩でよくある「字」なんですね。  

投稿: wildwolf | 2010年11月 8日 (月) 04時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/37495891

この記事へのトラックバック一覧です: 海部と薩麻:

« アドベンチャーレースの下見 | トップページ | エクストリームチャレンジin四国の右下 終了! »