« 鈴ヶ峰観音道 4 鈴ヶ峰 | トップページ | 角坂にて »

2010年5月 4日 (火)

胴切越 1

樫木屋にいりびたっていたころから、目標にしていたのが、この胴切越。
矢助谷、矢筈山矢助越など、いろんな方面からアタックしたけど、ついに樫木屋からのルートを見つけられなかった。
こんどは牟岐のこん谷(その1その2)から、アタックしてみたが、不発に終わった。

徳島145山(今は徳島250山)には、日和佐からのルートが書かれていたけど、あまりに安直、お手軽すぎて(失礼!)遠慮していたけど、あんまりこだわらなくてもいいんじゃない?と思えるようになった。
その上、牟岐から胴切山から霧越峠、海部山脈の山並みを走る馬道を踏査してみたくなったのもある。

なんせ、このあたりは面白そうなスポットが密集している。
海部の秘境と呼ばれる樫木屋には、矢筈山、矢助越、胴切山、胴切越、
東の方に目を移すと、五剣山、チョウシノタオ鬼ヶ岩屋肉立岩、鬼のマナイタ
南西の方には、ヤレヤレ峠
西には、霧越峠、鰻轟山、そして馬道

鬼、牛鬼とかヒヒとか大蛇とかの伝説が集中し、徒歩がメインの交通手段であったとき、山の木頭や樫木屋と海の海部(日和佐、牟岐)の交通ルートがクロスするところであったのが、このエリア。いろんなネタがありそうです。


そーゆーわけで、胴切越に一番近い、旧日和佐町と旧上那賀町の町境にある林道(谷山霧越線)の取り合いから行ってみることにしました。

|

« 鈴ヶ峰観音道 4 鈴ヶ峰 | トップページ | 角坂にて »

11 ☆海部の秘境 樫木屋」カテゴリの記事

71 鬼の棲家」カテゴリの記事

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

樫木屋から胴切山に取り付くには、樫小屋の一番奥まった民家(別荘)から小谷がありそのまま山道沿いに歩くと馬道に辿りつきます。
そして、町境(谷山霧越線)ルートにのっ掛かることです。
けして、右側の矢筈山や胴切山下に向かわないことです!
えらいめにあいますよ!
左側の霧越え行きの馬道にのっ掛かり霧越え峠のお大師の祠近くの尾根筋山道に入るのが得策です。

投稿: デキタン | 2010年5月 8日 (土) 13時46分

別荘から確かに道はありましたが、途中からビミョーになってきたので、確証もなかったし、引き返しました。

東に上る谷ですか、それとも北に上る谷ですか?
文脈からすると、東に向かう、地蔵谷(地獄谷)じゃないかと思います。

投稿: wildwolf | 2010年5月 8日 (土) 14時53分

私が簡単に取り付けたのは、谷山越えと言うルートです。

上那賀町の谷山と樫小屋(海陽町)を結ぶ山道があった筈です。

胴切山と反対方向ですが、水平歩行(馬道)で移動でき時間的には余り変わらないと思います。
谷をそのまま突き進め馬道に取り付いたこともあります。

多分、地獄谷は白木山から下ったことがある谷かも知れません。

とても危険ですよ!

投稿: ドシタン | 2010年5月 9日 (日) 23時21分

よくわかりました。
多分、別荘の北側に流れ込んでくる谷をおっしゃってますね。(名称不明)
地蔵谷は、樫木屋谷川のことで、別荘の東から流れ込んできます。
上流で南側からの谷と合流、これが矢助谷で、白木山の方に源流があります。この上流の矢助峠は、前に行ったことがあります。
昨日、途中までですが、地蔵谷を登ってきました。森林組合の方がいて、谷山越えらしきこともおっしゃってました。
また、お教えください。

投稿: wildwolf | 2010年5月10日 (月) 06時15分

十数年前の頃、胴切山・八郎山・五剣山・白木山・矢筈山の周辺を歩き回りました。

多分その頃とは状況が変わっているとは思います。

霧越え峠向きの山道も通じているのかな・・?

投稿: デキタン | 2010年5月10日 (月) 19時58分

私が胴切山の周辺を知ったのは17年も前の頃です。
多分当時のデーターがあると思いますので投稿してみます。

投稿: デキタン | 2010年5月10日 (月) 20時59分

>デキタンさん

ありがとうございます。
そんなに前のことだったんですか!

投稿: wildwolf | 2010年5月11日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/34519212

この記事へのトラックバック一覧です: 胴切越 1:

« 鈴ヶ峰観音道 4 鈴ヶ峰 | トップページ | 角坂にて »