« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

大越 4 田植え

大越の田んぼ

Sp5030362
▲田植えしてます


Sp5030367
▲棚田の石積み

日本の原風景が見られます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

木頭と海部の交流

木頭と海部の交流について、ネットでこんな資料を見つけました。


海部郡と那賀郡木頭村をむすぶ道 霧越の変遷と上海川部落について


木頭が海部だった理由は、同じ経済圏だったということらしい。
まぁ、昔の交通は歩きがメインでしたから。

ここでは、霧越の道に焦点が当てられていて、藩政の末期から明治、大正にかけて、よく利用されたとあります。

馬道の利用も、同じ時期だったんでしょうね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

NASA CAFE

ひさびさに、カレーが食べたくなった

Sp5220026
▲ニループの野菜カレー


Sp5220018
▲イゾの浜

ゆっくり、海を見ながら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

馬路村にて 3 魚簗瀬

馬路から魚簗瀬へ向かいます。
川でいうと安田川水系から、奈半利川水系になります。
馬路とおなじ村になっているのは、不自然と思ったら、明治21年に馬路と合併したらしい。

Sp5020160
▲魚簗瀬ダム湖

ここで、秋にマラソン大会があるらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

藍の葉

藍の葉って見たことあります?

Sp5230058


ワタシもはじめて見ました。
藍を食べる人もいるらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

大越 3 いいねぇ~

味のある、小屋を見かけた

Sp5030373

この辺の風景に溶け込んでる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

これっ!

今話題のこれっ!

Sp5230061

某所で、見せてもらっちゃった。
iPad、アメリカから取り寄せたらしい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

地獄谷 5 源流はいずこ

Sp5090119

樫木屋、地獄谷の上流部の滝のあたりの風景です。
今度行く時は、源流を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

日和佐城で見ぃ~つけた!

先日、日和佐城に行って見つけたもの。

Sp5040084
▲カレッタくん


Sp5040085
▲カレンちゃん

ご当地ゆるキャラを、トイレのマークに使ってます。

発想が◎

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月22日 (土)

大越 2 滝

Sp5030356

県道から見えます。

Sp5030360

何という滝なのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

地獄谷 4 根に注目

大岩の上に木が生えてます。

Sp5090126

根に注目してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

馬路村にて 2 おばけ杉

観光センターでも、木のネタが多いです。
巨木の写真がたくさんありましたが、目を引いたのがこれです。

Sp5020098
▲赤石山のおばけ杉

なんか、禅僧杉に似てません?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

う~ん...

遊遊NASAで見つけました。

Sp4240065

う~ん...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

馬路村にて 1 ポスト

温泉で、こんなポスト発見!

Sp5020137

| | コメント (6) | トラックバック (0)

コアなフリーペーパーのコアなブログ

四国の右下に特化した、フリーペーパー「なんと」
つい先日、紹介したんですが、新しいネタを発見したので、急きょアップしたします。

タイトルのとーり、ブログやってます。
しらなんだわ。

阿南発!徳島県南フリーペーパー「なんと」のブログ

まぁ、コアな地ネタがでてます。
たのしみやわ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阿波忌部と海部

阿波海南村でこんなイベントが開催されてます。

220501amabe_s2
▲阿波忌部と海部

2010.5.1~5.30

帰った時に、行ってみよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

地獄谷 3 さらに上流の滝

さらに、20数分さかのぼります。
だんだん、谷が狭まってきます。
また、滝を発見!

Sp5090124

だいぶ、杉も少なくなってきました。
この日は、この辺で時間もないし、折り返しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬路村へ 3 こいのぼり+α

Sp5020005

安田川沿い。
このへん、鯉のぼりが多いです。
しかも、なんか、ついてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

地獄谷 2 北岸の滝

さらに地獄谷を東に遡っていくこと、30数分、北側に滝が現れます。

Sp5090109
▲北岸にある滝

Sp5090114
▲どアップ


樫木屋って、ひそかな、スピリチュアル・スポットじゃないかと思う。

しばし、ここに佇んでしまいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

大越 1 山師の庭

山河内の奥、大越の風景です。

Sp5030341

Sp5030343

仕事の合間に、くつろぐんでしょーか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

このページで目がとまる

四国の右下のコアなタウン情報誌、なんと
4月号から、サイズアップしたんですが、チェックできてなかったんです。

6月号、遅まきながら見てみました!

Sp5170268
▲これが、新しい「なんと」

どんな内容になているか、チェーック!
あるページで目がとまる

Sp5170270
▲そのページ

今回もやってくれますね、しのみや。
このお店の広告、いつも面白い。楽しみにしてます。
前も「今月のしのみや」ってやろうと思いましたが、企画倒れになったのは、ワタシが怠慢だったせいで、お店のせいではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬路村へ 2 安田町の街角

安田町に入って、町並みが素晴らしいのに気がついたが、運転手に専念していたので、いい写真がとれませんでした。唯一撮れたのがこれ。

Sp5020003

また行って、ゆっくり歩いてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

地獄谷 1 後谷下流の滝

樫木屋に行ってきました。
胴切越の記事をアップしたら、デキタンさんが樫木屋からいったことがあるというので、いてもたってもいられなくなったのです。
ただ、かんちがいしたのは、地獄谷をのぼっていったこと。
デキタンさんのいう道は、北へのぼる谷だったらしい。まぁ、それは後で気がついたので仕方ないです。

さて、地獄谷、正式には地蔵谷なんでしょうけど、別名でこう呼ばれています。
樫木屋が上流部で二またに分かれていますが、その北側の谷です。
ちなみに南側は、矢助谷です。

この地獄谷を登っていて出くわしたのがこの滝。

Sp5090095
▲後谷がそそぐ位置にある

後谷は、地獄谷に北側からそそぎます。前にも来たことがあります。
毛面さんの情報で、この上流に大きな岩盤があって、そこが滝になっています。(後谷の滝

今回の滝はその下流にありまして、前に来た時もその存在には気が付いていましたが、時間の都合で行くのをやめたのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スローアートゆるい展

先日、スローアートゆるい展に行ってきました。


Sp5130001
▲玄関の看板

Sp5130006
▲油絵

Sp5130012
▲色鉛筆画

こじんまりした、展示ですが、マイペースでゆったりしたひとときが味わえます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

この帽子、このTシャツ

この帽子、このTシャツに注目!
明日行われる、第21回那賀川流域センチュリーラン羽ノ浦大会のスタッフ用です。

Sp5150255
▲帽子

Sp5150265
▲Tシャツ

今年は、すごい人気だったようで、参加者数が増えています。
Aコース(木沢折り返し125キロ)418人
Bコース(鷲敷折り返し50キロ)153人

自転車ってブームのようですね。
デザインも、カッコイイです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬路村へ 1 安田川

少し遅くなりましたが、GWは、高知へ行ってきました。
龍馬人気なので、高知市は多分人がいっぱいだろうということで、馬路村へ。

ルートは安田川をのぼります。


Sp5020054
▲アユで有名なのもわかる気がする


Sp5020064
▲すばらしい渓流


Sp5020066
▲昔ながらの石積み

すっかり、安田川を気に行ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胴切越 5 取り合い

参考までに、胴切越への取り合いを掲載しておきます。

Sp5030025
▲林道谷山霧越線

日和佐の大越から那賀へぬける県道から入ります。

Sp5030134
▲林道こんだに線

牟岐のこん谷から登ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

千年サンゴのミニチュア

モラスコむぎのホールに飾られています。

Sp5040109

玄関だけかと思ったら、なかにもミニチュアがあったんですね。
小部さんの絵本原画も飾られています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

農村舞台@四国の右下

農村舞台ってしってますか?
お宮にある、倉庫みたいな建物が舞台になって、いろんな劇をしていた。

那賀川流域にはたくさんあるんですが、海部にもけっこうあります。
四国の右下には、けっこう多いんです。

Sp7040084
▲新田神社

こんどここで、人形浄瑠璃があります。

20100515joruri
▲新田神社農村舞台人形浄瑠璃

2010.5.15(土)13:00~
「式三番叟」
「傾城阿波の鳴門 十郎兵衛住家の段」
「三十三所の花 壺坂観音霊験記」

ワタシはまだ、YouTubeでしか、見たことがない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

胴切越 4 馬道探索

胴切越の道はやがて、馬道に切り替わります。

Sp5030082
▲石積みはあるけど

路面はかなり悪いです。あるきにくい。

Sp5030103
▲石橋

ただ、水平移動に近いので、楽に歩けます。


前に牟岐から馬道をあがってきて、こん谷の林道取り合いまでは来ていました。そこから先は道が不明でした。

今回、胴切越からこのポイントまで、逆方向から来てみました。すると道がないと思っていたのが、そうでもなくうまくたどりつけました。

帰りに胴切越の向こう側の馬道を歩いてみました。この馬道、北上するものと思っていたら、西へいくものだったようです。つまり、霧越をめざしていたわけです。林道で消失している箇所もありますが、後日霧越まではいってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

保勢に行ってきました

海部川で、川幅が急激にせまくなるのが、保勢

Sp4240021
▲下流を望む

Sp4240036
▲向こう岸

Sp4240039
▲上流

オキニのスポットです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

壁の感じが昔風

こんな味のある建物発見!

Sp4240149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

寒茶 de スダッティ

メジャーになりつつある寒茶ですが、紅茶のようにして飲めないか?という発想でChannel R55でつくられたのがこれ。

Sp5010131
▲寒茶 de スダッティ

意外ですが、スダチの酸味がよくあいます。

Sp5010129
▲能書き

テンサイ糖のせいでしょうか?後味もスッキリしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

テニスレッスン、再び

テニスのレッスンを再び受けてきました。


8の字ストロークのドリル、きついっす!
意気が上がります。
ハーハー、ゼーゼー
ほかの2人は平気な顔をしています。

フルマラソン走ってるのに、なぜだっ!って思いました。
でも、よく考えたら、トーゼンです。

これ、どちらかというと、短距離系のメニューの運動負荷なんですね。
テニスって、短距離系 + 長距離系 の運動でした。

それと、後になって背筋にかなり負荷がかかっるのが実感してます。
おかげで、背筋が鍛えられそう。

と、これは個人的なクセです。
ストロークのとき、前かがみになりすぎる。
右でも同じことが言われてましたが、左でもそうなるって、体のクセって面白いですね。

テニスって、状態は重力に垂直を保つ競技だから、意識して姿勢作りをしないといけないです。
これって、体の感覚を養うのに効果ありそう。

右ひじの負担を減らす + 体の左右のバランス が主な目的ですが、ほかにも効果があって、結構楽しめそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胴切越 3 胴切山

今回は、南側から山頂を目指しました。
馬道にある尾根の取り付き口から登りだして、24分後に山頂へ到着

Sp5030241
▲山頂

いままでこられた方が、印を残しています。

Sp5030233
▲広場

山頂は、ちょっとした広場になってます。眺めはそれほど良くありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

鈴ヶ峰観音道 6 余韻...

鈴ヶ峰山頂、前に行ったときから気になっていたところ...

Sp4290144
▲山頂から尾根の向こう側

なんか道がありそうってことで、行ってきました。
ピンクリボンの目印と尾根道があるし。でも、リボンは途中で谷を急降下していた。
なぜだっ!

前々から、馬路越と居敷越の尾根筋を渡って行ったら面白いだろうな、それが鈴ヶ峰まで続いていたらいうことないな、なんて考えていた。
また、日を改めてトライしてみたい気がします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

日和佐城から

日和佐城に行ってみた。

Sp5040068
▲威風堂々

新聞記事が出てたので、気になりました。

Sp5040075
▲4階から日和佐の町を望む

ここからの眺めはすばらしい。
日和佐城のリニューアルはまだ、これからのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

蔭にて

海部川をさかのぼっていて、巨大な構造物に目がとまる。

Sp4240047
▲蔭の堰堤

水量が多く、大きな音が聞こえてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胴切越 2 胴切地蔵

峠には石造物がつきものです。胴切越にもお地蔵さんが鎮座されてます。

Sp5030303
▲峠の風景

たぶん向こう側が西になるのでしょう。
日和佐からは峠のこちら側の右手から降りてきます。
向こう側の右手にも、赤テープ&道があります。やがて馬道になりますが、どうも西へ西へと向かっているようです。この日コンパスを車の中に忘れるという失敗をしたので、帰りはこの馬道を進み、ひどい目にあいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

何年ぶりかのテニスレッスン

テニスのレッスンを受けたのは、もう何年ぶりだろう?
たしか、2005か2006くらいまで受けていたような気がする。

今日は、水曜なのにGWでお休み。まぜのおかでテニスのレッスンを受けることができました。


うけてみて、感想を一言。
横の動きがツライ!
8の字のストロークのドリル、腰がもうガクガク。
Hコーチは軽めにしたというが、なんだこりゃ状態です。

マラソンを走っていて、機械的な前への動きばっかり。
先日、山に登ったときも、不規則な動きにてこずったのですが、またまた実感!です。


でも、これって、体幹を鍛えるトレーニングとして、最適なような気がする。
なんか、前に読んだ本の動きに通ずるところがあって、いいかも~と思った。

やっぱ、いろんなスポーツを楽しむのっていいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴ヶ峰観音道 5 これはなに?

途中で、こんなものを見つけてしまった。

Sp4290120

この手の知識はないもんで...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

角坂にて

宍喰川をさかのぼっていて、偶然、角坂で目にした風景。
思わず足を止めて、ひとやすみしてしまいました。

Sp4290012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

胴切越 1

樫木屋にいりびたっていたころから、目標にしていたのが、この胴切越。
矢助谷、矢筈山矢助越など、いろんな方面からアタックしたけど、ついに樫木屋からのルートを見つけられなかった。
こんどは牟岐のこん谷(その1その2)から、アタックしてみたが、不発に終わった。

徳島145山(今は徳島250山)には、日和佐からのルートが書かれていたけど、あまりに安直、お手軽すぎて(失礼!)遠慮していたけど、あんまりこだわらなくてもいいんじゃない?と思えるようになった。
その上、牟岐から胴切山から霧越峠、海部山脈の山並みを走る馬道を踏査してみたくなったのもある。

なんせ、このあたりは面白そうなスポットが密集している。
海部の秘境と呼ばれる樫木屋には、矢筈山、矢助越、胴切山、胴切越、
東の方に目を移すと、五剣山、チョウシノタオ鬼ヶ岩屋肉立岩、鬼のマナイタ
南西の方には、ヤレヤレ峠
西には、霧越峠、鰻轟山、そして馬道

鬼、牛鬼とかヒヒとか大蛇とかの伝説が集中し、徒歩がメインの交通手段であったとき、山の木頭や樫木屋と海の海部(日和佐、牟岐)の交通ルートがクロスするところであったのが、このエリア。いろんなネタがありそうです。


そーゆーわけで、胴切越に一番近い、旧日和佐町と旧上那賀町の町境にある林道(谷山霧越線)の取り合いから行ってみることにしました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

鈴ヶ峰観音道 4 鈴ヶ峰

終点は鈴ヶ峰山頂です。

Sp4290135
▲山頂

行ってみて、ビックリ!!
見晴らしがよくなってる。すごくいいです。

Sp4290137
▲展望

その理由は、伸びた木が切られていて、宍喰の町並みが見渡せるということなんです。
前は、偽木に乗っかって、サーカスみたいにバランスをとりながら撮影したんですが、もうそんな苦労は必要ないです。

ちなみに、前の写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

なんかこわい

日和佐の図書館で発見しました!

Sp4240122
▲不気味...

けっこうでかいんです、これがっ!
まぁ、みてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴ヶ峰観音道 3 鈴ヶ峰越

鈴ヶ峰観音道では、北面から鈴ヶ峰に達します。
北面から尾根を越えた地点、それが鈴ヶ峰越です。

Sp4290130
▲鈴ヶ峰越

この北面ですが、以前、円通寺の水源となる湧き水があるという話を聞いて、来たことがあるところでした。
それらしき、谷の湧き水は見つけられましたが、当然、鈴ヶ峰観音道についても、調べました。

でも、そのときは、切り倒された木が横たわり、そちらのほうに道があったかもしれなかったもしれません。
あるいは、いったん右手に道筋が変わるのを見つけられなかったか、どちらかで、見つけられなかったのですが、この日今までの踏査で、見落としていた一本の糸がつながってきました。

おかげで、非常にすっきりした気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

鈴ヶ峰観音道についての文献

そもそも、鈴ヶ峰観音道を知ったのは、「阿波の峠と里山歩き」なんです。


でも、検索していたら、こんな情報を見つけました。

  徳島地域文化研究 / 徳島地域文化研究会
     第5号(2007.03)【特集=海部地方の民俗】

   鈴ヶ峰観音道の復活と石造文化財 / 橘  禎男

   http://www.iwata-shoin.co.jp/bookdata/za0030.htm


機会を捉えて探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴ヶ峰観音道 2 異木・巨木たち

いろんな木を目にしましたが、こんな木が目を引きました。

Sp4290073
▲tree around tree

いったい、なんの木なんでしょうか?

Sp4290089
▲岩山の上の木

なんか、木のそばにある岩が、木になる。
意味がありそうな感じです。

Sp4290109
▲もう、鈴ヶ峰はすぐそこ

やたら、存在感のある木でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

禅僧杉ツアー

今日は、HさんとKさんと、山行き強力なトリオで禅僧杉ツアーに行ってきた。
ここにいくのは、2007年末から4回目になる。
太郎と次郎の位置関係やピーク途中での新たな発見もあり、収穫の多い山行だった。


時間の関係で、西ヶ峰まで走破できなかったが、次回の課題としておこう。
まぁ、西ヶ峰については、トレイルランで行こうと計画しているので、時間の問題でしょう。

今回は、禅僧杉の画像は掲載しない。同じようなものを載せてもなぁ、というのもある。
かわりに、谷の写真を載せておきます。

Sp5010116

最後に、Hさん、Kさん、今日はお疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試食

Channel R55にいったら、メニューにない料理をいただいた。
これです。

Sp4170031
▲試食品

阿波尾鶏を使ったカレー?
5月の連休には、お目見えでしょうか?
店主さん、がんばってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »