« ごちそうと風景と無線LANと | トップページ | 薪のある風景 »

2009年6月15日 (月)

豚は神の使いか?

伊座利峠から山道をいくと明神山があります。

そこで、こんな風景発見!

Spict8952
▲ワタシには豚に見えます

いや、猪かな?
どーでもいいけど、「由緒」なんかあるのかな?

|

« ごちそうと風景と無線LANと | トップページ | 薪のある風景 »

70 田舎遺産」カテゴリの記事

コメント

はぁ~、これは猪に見えますね!

猪の神という言葉は耳にしたように思います。山の守り神なんでしょうか。

京都のどこの寺であったか、狛犬の変わりに猪が「あ・うん」の守護獣として座っていたことを覚えています。

京都はあれだけの社がありながら、狛犬を見たことがないので不思議に思っています。

この猪の神さん、手に持っているのは何でしょうかねぇ!材質は何で出来ているのでしょう。いつ頃できたのでしょう。興味を惹かれます。

投稿: 1218 | 2009年6月15日 (月) 08時03分

あ、今も猪?私が最後に行ったのは亥年の初めで、その時新しい感じだったので、「ああ、来年は鼠に替わるのだろうな」と思ったものでしたが・・・十二支に合わせた訳ではないのですね。
なんじゃろ??

投稿: 毛面 | 2009年6月15日 (月) 19時59分

>1218さん

やっぱり、猪なんでしょうか。
十二支には、猪はあっても豚はないですね。
猪なら、山の神じゃなく、肥後の神じゃないでしょうか?
あっ、でもこの辺に山の神って地名がなかったっけ?

>毛面さん

みんな、猪っていうんですね!
豚の方がかわいくてウケると思ったんですが...
神主さんに聞いてみよう!

投稿: wildwolf | 2009年6月19日 (金) 23時34分

猪でしょう。うちのHPの写真見ると牙があるようだし・・・でも確かにブタっぽいなぁ。猪ってもっと精悍ですもんね。追跡調査お願い!

投稿: 毛面 | 2009年6月22日 (月) 19時41分

でわ、イノブタってことにしましょう!

冗談はおいといて、また機会を見つけて調べてみますね。

投稿: wildwolf | 2009年6月23日 (火) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/30100467

この記事へのトラックバック一覧です: 豚は神の使いか?:

« ごちそうと風景と無線LANと | トップページ | 薪のある風景 »