« のなみ | トップページ | 蔀帳づくり »

2009年2月 8日 (日)

徳善山へ

粟ノ浦奥から、山に入って北上する古道がある。
町史にはかかれているが、やがて伊勢田や鯖瀬からの道に合流するらしい。

午前少し時間ができたので、以前アタリをつけておいた
取り合い口から山に入って行ってた。

Sp2080019

▲谷から峠に向かう


約40分で、峠にさしかかる。
後でこの尾根の右手に徳善山があると判明。

Sp2080023

▲峠

峠を越えてからの道はちょっとわかりにくかったです。
時間が無くなって、途中で引き返しました。
この道でいいのか確定してません。

また後日、調べに来ます。

|

« のなみ | トップページ | 蔀帳づくり »

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

むか~し昔のことですが
マツタケ狩りに行ってたおばあちゃんたちの話の中に 徳膳山ってよくでてましたよ。
ずっとずっと 上のほうなんでしょうね。

投稿: kuwatyann | 2009年2月 9日 (月) 00時44分

古道にこってますなぁ。
久尾から笹無谷でなく、皆津に出られるそうです。さらに皆津から寒ヶ瀬まで行けるようです。おそらくこの道は、神野や藤ノ四季橋にも下りてこられるはず?
昔は禅僧越えと言って、高知のほうから轟の滝に参拝するときに利用していたらしい。昔の郵便局員は、神野の荒谷から藤ノ四季橋まで山を越えて大木屋や大比に配達に歩いたそうです。この道は現在林道工事中ですが、用地買収が上手くいってなく、工事がとまっています。
ちなみに↑の蔀帳は、昔の浅川の実家にありました。

投稿: 和三郎 | 2009年2月 9日 (月) 14時55分

>kuwatyannさん

そんなに、高くないですよ。
244mですから。道もそんなに険しくなかったし。
まだ山頂へはいってませんけど。
kuwatyannさんは、このへんの方なんですか?

>和三郎さん

もともと、山は歩いていたんです。かなり前ですけど。滝を見に行くのも、自然と山道を通りますね。
禅僧越え、一度いってみたいですね。町史とかの文献ではよく見ます。でも、歩いてみないとね。
色々、教えて下さいね。

投稿: wildwolf | 2009年2月 9日 (月) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/27902781

この記事へのトラックバック一覧です: 徳善山へ:

« のなみ | トップページ | 蔀帳づくり »