« 水車、その後 | トップページ | くじら岩 »

2008年11月12日 (水)

馬路越 ふたたび

このブログにも再々おいでいただいている、ブロガーの1218さん。ご自身のブログは 土佐街道・馬路越(遍路道) です。

馬路越えは、ワタシの方もとりあげていて、関心のあるところです。以前行ったときは、峠の南側はシダが群生していてあるきづらかったです。

どうやら、1218さんがシダを刈ってくれたらしいので、
先日の日曜日に行ってみました。
といっても、時間がそれほどなかったので...

Spb090033

▲石橋と小さな滝

古道から山の中にはいると、こんなところがあります。

Spb090030

▲石畳の道

ここまでくると、峠はもう間近です。

Spb090031

▲馬路越の切り通し

シダが生い茂っているのはこの向こうです。
行ってきましたが、たしかにキレイに刈り取られていました。(感謝!)

画像を撮りたかったんですが、

オォ~マイガーッ!!

デジカメの電池が無くなってしまいました。

なんかチェックしているみたいでいやらしいし、止めました。

今度は時間のあるときに、馬路越古道もあわせて、
ゆっくり行ってみたいと思います。

|

« 水車、その後 | トップページ | くじら岩 »

15 ☆母川」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
写真も綺麗にあがって石畳、石積の街道が明るく映えていますね。
写真技術はこれからの僕の課題でもあります。まぁ課題ばっかりなんですけどね。

古道の方は途中で消えたままです。ひとつ向こうの谷に先回りして入り、探したりしていますが、今のところ迷宮状態です。吉野神社まで抜けていたと云われていますが、今では道を知る人に会ったことはありません。謎だから余計に好奇心が沸いてきています。

投稿: 1218 | 2008年11月12日 (水) 19時14分

こちらこそ、キレイにして頂いてありがとうございます。

写真は...むつかしいですね。ワタシも写真が趣味、というわけではないので。
アウトドア用のデジカメなので、風景写真を撮る性能はイマイチでしょうが、そもそも、そこまで使いこなせているのか?

ちなみに、馬路越ですが「阿波の峠歩き」という文献も参考になると思います。

お持ちでなければ、コピーをさし上げますよ。

投稿: wildwolf | 2008年11月12日 (水) 19時47分

>「阿波の峠歩き」
今年知人からお借りして居敷越えと馬路越えを写しました。
馬路越えで少し事実と違うかなというところもあるように思います。
町史もしばしばあれっと思うところがあったりして…、しかしそこを自分なりにつきとめるのが面白いところで、勝手に推理を楽しんでいます。
居敷越えも要課題のひとつです。

投稿: 1218 | 2008年11月13日 (木) 07時51分

確かに、正確でないところがあります。

いろんな文献は完璧ではないですね。

だから、なお楽しいのだと思います。

居敷越も、そのうちいらしてくださいね。

投稿: wildwolf | 2008年11月13日 (木) 12時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/25256085

この記事へのトラックバック一覧です: 馬路越 ふたたび:

« 水車、その後 | トップページ | くじら岩 »