« ブルーシートは祭りのしるし | トップページ | 頭の熱い花火 »

2008年10月12日 (日)

コストパフォーマンスの良いハーフマラソン

今回で30回目の阿波吉野川マラソン、ハーフに参加してきました。

コースは今回からハーフになって迷路のようでした。
距離表示が1㎞ごとで、ペース配分しやすかったです。

アミノバリューと水が中身と容器が一致せず、
問い合わせないといけないのに、閉口。

でも、総じては、コストパフォーマンスの良い大会、
平たく言うと、お得な大会です。

なんせ、3000円で、Tシャツ、靴下、風呂のチケット、
豚汁、弁当がもらえる。

弁当はワタシが食べたのは阿波フードでしたが、非常に良かったです。

そのうえ、お茶とコーヒー、水はタダです。


ということで、コースに少し難はあるものの、基本的に○で、
周りの人に勧めたい大会ですね。

今回は10㎞、5㎞あわせて約1500人が参加して、昨年の約800名を
大幅に上回ったのは、ブームのなせる業でしょう。


とくしまマラソンの影響も大きい。会場には海部川風流マラソンの担当者が来ていて、
申込用紙が手渡しで丁寧に配られていました。
こちらの大会は第1回で、気合い入りまくりのようですので、期待できますね。
コースもよさそうだし...

ところで、次は牟岐のハーフ(南阿波サンライン黒潮マラソン)に参加予定ですが、関係者に聞いたところ、
まだ参加受付は可能のようですね。

ちょうど海部川の練習台にイイと思います。海部川はキツそうに思われがちですが、
牟岐のサンラインの比ではないと思いますから。景色も最高だしね。

阿波吉野川マラソンに話題を戻すと、今日のレースはワタシの課題が浮き出しにされたと思います。

まず、スタート直後が遅すぎる。もう少しピッチをあげたい。

ついで、ラスト5㎞で息切れ。Wさんを残り5㎞地点でとらえたのですが、
ここでカラータイマーが点滅しだした。
しかけるタイミングを逸したのもある。

まぁ、6月から腸がおかしくて、つい2~3日前まで薬を飲んでいたので
検討したというべきでしょうか?
医者には渋々練習を認めてもらってましたから。


そうなると、ここまで検討できたのは、K師匠の強力な差し入れのおかげなんでしょう。

ということで、今日は師匠のおかげでまぁまぁの結果を残せたという、まとめかな?

|

« ブルーシートは祭りのしるし | トップページ | 頭の熱い花火 »

91 ラン&ウォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/24461828

この記事へのトラックバック一覧です: コストパフォーマンスの良いハーフマラソン:

« ブルーシートは祭りのしるし | トップページ | 頭の熱い花火 »