« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

余口西谷渓谷 3 小さな滝

余口にはこんな滝もありました。


Spa180255


歩いていて、思わず渓流に降りてみたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一軒家

Spa180162_2

▲こんなとこに住んでみたら、楽しいかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余口西谷渓谷2 

白滝神社を越えて行くと、趣のある渓流を発見!

Spa180264

まだまだ、続きます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

あと2日

いよいよ、この土曜日に四国エクストリームチャレンジin南阿波2008が開催です。


自然の中に分け入っていく、アドベンチャーレース、四国の右下、初開催ですね。

Exc2008

▲徳島新聞海南専売所 情報誌「紬」10月号から

地元の新聞屋さんが発行している情報誌にもでています。

昨日のヤフーにもでていたようです。


いろんなメディアでも、取り上げられているようです。

天気もなんとか、いけそうです。レースの様子が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

余口西谷渓谷 1 白滝

余口東谷と違い、渓谷美の感じられるのが、余口西谷です。


Spa180251

▲白滝さん

以前紹介した白滝です。ここは、比較的アクセスがいいです。谷の感じもいい。

ちょっとした、ウォーキングにオススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

熟田越えから

Spa180183


熟田越えのあたりから、沢に入り


Spa180184


やがて山道を歩いていくと...


Spa180191


こんなところに来ました。

山の中から出てくるときは、急に目の前が開け、爽快感があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まっくろくろすけ、でておいでぇ~

先日、行ってきた、ししがみの池の近くです。


K師匠曰く、ししがみの池は、

♪まっくろくろすけ、でておいでぇ~ の声が聞こえる、との評でした。


あたりの雰囲気もまったく、そんな感じです。


Spa180111

▲池をせき止める石積み


Spa180078

▲苔むした地面


海部には、となりのトトロに出てきた風景があちこちで見られます。

そぉいやぁ、トトロに似た地名もあったなぁ~ → ここです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

だんじり 3 みこし

大里八幡神社秋祭り、お次はみこしです。

Spa190049

▲そうりゃ!

みこしを高く上げると、みんな、いっせいに、みこしの下をくぐります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんじり 2 天狗

続いて、天狗の登場です。

Spa190041

▲ありがたや~

大里八幡神社の祭りでは、いろんな登場人物があって飽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

だんじり 1 ししまい

大里の八幡神社の秋祭りが今日行われました。祭りの風景をアップしていきます。

Spa190038
▲がぶっ!

獅子舞に噛んでもらうと、御利益があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅川橋から

Spa180046

▲浦上川沿いの浅川のまち

いつもは車で通るけど、走ってみたらこんな風景を発見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆう

走っていて、ゆうの畑の横を通り過ぎました。

Spa180171

ワタシたちのところでは、もともと「柚子(ゆず)」とはいいません。

Spa180181

「ゆう」です。

柚子の酢は、「ゆうのす」です。そういやぁ、車にありましたね。関係ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ししがみの池

ということで、寄り道してきたところをアップしていきます。
アップの順番もアットランダムです。

Spa180070

山道をたどると、現れてくる池です。
ししがみさんが、水を飲みに来そうな趣のあるところです。

Spa180095

周りに人気はなく、誰にも邪魔されずに自然の中を楽しむことができます。

Spa180098

居心地がいいので、ここで長居をしてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

寄り道脱線ランニングツアー敢行!

今朝6時から、K師匠とランニング・ツアーに出かけてきました。
海部川風流マラソンの試走をかねて、相川の室津までと考えていましたが、見事脱線!

いや、もうお約束の状態で、脱線しまくり!

5時間かけて、アドベンチャー・レースをしまくってきました。

ルートは、海部川三本松から まぜのおか へ、浅川の町中を徘徊した後、浦上川を遡り、熟田越えをして、室津をめざすところですが、

浦上の山奥へとまたまた脱線。

ここに、私のマル秘スポットがあるので、
それを嗅ぎつけた、K師匠が是非!ということになったのでした。

すっかりおだてられて調子に乗ってしまったワタシは、
余口東谷から、スペシャルの余口西谷と
どうどうめぐりを敢行してしまいました。


熟田から、四方原へぬけ、ようやく帰還したところです。
詳細は後日アップ致しますので、おまちください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年10月15日 (水)

海老ヶ池の尾根道から 2

海老ヶ池の尾根道には、こんなところもあります。

Spa130100

ここは、以前降りたことがあります。


こういうところを行っていると、つくづく、釣り師はすごいなぁと感じてしまう。

釣り師って、あらゆるところに足を伸ばしている!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

海老ヶ池の尾根道から

海老ヶ池の遠坂の磯に行ったときに、尾根道をあるいたことがある。

今回紹介するビューポイントは、やはり海老ヶ池の尾根道にある。
さえぎるモノがないので、太平洋が思い切り見られ、パノラマが楽しめる。

20101302

崖や磯の状態がよく見える。
今度行くときは、下にも降りてみたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

頭の熱い花火

念願がかなって、赤松の吹筒花火を見に行くことになった。
当然の事ながら、吹筒花火を見るのは生まれて初めて。
知っているのは、デキタン、ドシタンだけ。

花火をびっしり取り囲んで、まさしく満員御礼!
今日の赤松神社の入りは、昨年と比べてかなり増えていたらしい。

で、肝心の花火。

打ち上げ花火と違い、新鮮です。
真ん中の柱から花火のシャワーが落ちてきます。


Spa120057

その下を地元青年団のメンバーが、「デキタン、ドシタン」の
囃子詞とともに、ぐるぐる回る。

影絵のようにシルエットが花火の幕を通り過ぎています。

Spa120066


何発かやったのですが、最後は大きな爆音がするのでビックリします。


なかには、花火が飛んでくることも...
ちょうど最前列で撮影していたワタシの頭に飛んできて落ち、熱い思いをしました。


来年行くときは、帽子が必要ですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

コストパフォーマンスの良いハーフマラソン

今回で30回目の阿波吉野川マラソン、ハーフに参加してきました。

コースは今回からハーフになって迷路のようでした。
距離表示が1㎞ごとで、ペース配分しやすかったです。

アミノバリューと水が中身と容器が一致せず、
問い合わせないといけないのに、閉口。

でも、総じては、コストパフォーマンスの良い大会、
平たく言うと、お得な大会です。

なんせ、3000円で、Tシャツ、靴下、風呂のチケット、
豚汁、弁当がもらえる。

弁当はワタシが食べたのは阿波フードでしたが、非常に良かったです。

そのうえ、お茶とコーヒー、水はタダです。


ということで、コースに少し難はあるものの、基本的に○で、
周りの人に勧めたい大会ですね。

今回は10㎞、5㎞あわせて約1500人が参加して、昨年の約800名を
大幅に上回ったのは、ブームのなせる業でしょう。


とくしまマラソンの影響も大きい。会場には海部川風流マラソンの担当者が来ていて、
申込用紙が手渡しで丁寧に配られていました。
こちらの大会は第1回で、気合い入りまくりのようですので、期待できますね。
コースもよさそうだし...

ところで、次は牟岐のハーフ(南阿波サンライン黒潮マラソン)に参加予定ですが、関係者に聞いたところ、
まだ参加受付は可能のようですね。

ちょうど海部川の練習台にイイと思います。海部川はキツそうに思われがちですが、
牟岐のサンラインの比ではないと思いますから。景色も最高だしね。

阿波吉野川マラソンに話題を戻すと、今日のレースはワタシの課題が浮き出しにされたと思います。

まず、スタート直後が遅すぎる。もう少しピッチをあげたい。

ついで、ラスト5㎞で息切れ。Wさんを残り5㎞地点でとらえたのですが、
ここでカラータイマーが点滅しだした。
しかけるタイミングを逸したのもある。

まぁ、6月から腸がおかしくて、つい2~3日前まで薬を飲んでいたので
検討したというべきでしょうか?
医者には渋々練習を認めてもらってましたから。


そうなると、ここまで検討できたのは、K師匠の強力な差し入れのおかげなんでしょう。

ということで、今日は師匠のおかげでまぁまぁの結果を残せたという、まとめかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

ブルーシートは祭りのしるし

日和佐の大浜に行ってみたら、松林の手前にブルーシートがところせましと敷かれています。

Spa090042

一体、何事?


そういえば、そうそう...

日和佐の八幡さんのお祭りがあるんです。

毎年体育の日だから、10月12日ですね。

日和佐の御神輿は「チョウサ」と呼ばれます。

かけ声は、

アァイッサンジャイ!

サァセー、サァセー

です。


チョウサはこの日、大浜に入ります。

Spa090043

| | コメント (7) | トラックバック (0)

何が釣れるの?

昨日の朝、久しぶりに朝ランです。

大里松原海岸へ


Spa090039

釣り人でにぎわってます。

この時期は、アジがメインらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

南阿波サンライン黒潮マラソン 〆切迫るっ!

今日、職場で牟岐のハーフ申し込みましたよ!もう日がないですからね、と言われた。

えっ!と思ったら、もう10月8日。

そぉいえば、10月10日が〆切だった。


ここんとこ、たてこんでいて、すっかり忘れていた。

サンラインマラソンは、走りながら、こんな風景が楽しめる。


Spict8206


実際、デジカメを手に持って撮影しているランナーをよく見かける。


Spict8215

ただ、ひたすら広がる青い水平線を眺め、サンラインのスペクタクルを楽しみに、牟岐のハーフに出てみてはどうでしょうか?


サプライズもあるかも。ちなみに去年は、シカが山から下りてきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

デキタン、ドシタン

デキタン、ドシタン...


何かできたのか、どうかしたのか...という意味かどうか知らない。

これは、赤松の吹筒花火の囃子詞。


この10月12日に行われる。

Sakamatsuhanabi

この花火は打ち上げ花火じゃなく、那賀川から勝浦川流域独自の花火だそうだ。
ちょうど阿波晩茶とエリアと重なるところがあって面白い。

赤松は、旧日和佐町、現美波町で海部郡に属するのですが、
赤松川は、那賀川に注ぎ込む、那賀川流域の集落です。

この辺がまた面白いですね。


オリジナリティーあふれる赤松の花火、
この日曜日に19:30くらいから赤松神社でやってます。

前々から行きたいと思ってますが、
今年は行けるでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

こんどはなに?

先日、ご紹介した水車ですが、新たなプロジェクトに向けて準備中のようです。

Spa060052

一体、どんな風に展開していくのでせうか?

K師匠の言ったように、藁葺きのソバ屋になるのだろうか?

お楽しみ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

さぁ、どうしよう?

今日は、1日雨で、共楽運動会は来週に順延です。

1日に家の中にいると飽きてくるので、車で出かけようとしたのですが、
エンジンに警告ランプが...


車のディーラーに電話したら、こともあろうに今日から3日間臨時休業!

ってなわけで、だぁ~いピン~チ!!

明日の仕事、どうしよう?結構大事な用件があるんだけど...


じいさんの軽トラはワイパーの調子が悪い。
雨の日は乗らない方がよさそう。


職場の知り合いの車に相乗りも考えたが、こんな時に連絡がつかない。

汽車でいこうか?


時刻表を調べたら、ちょうどいいのはないけど、
途中で特急に乗り換えたら、20分くらい早く着きそう。

でも、帰りは2時間近く待たないとダメ。

この辺がツライ。さぁ、どうしよう?


そうだ、K師匠が職場が違うけど、同じ方向だ。


ということで、急遽メール...


寝ていたのをメールで起こしてしまったが、
とりあえず、助け船が出た!

K師匠、起こしてしまって、ゴメンナサイ。
でも助かりました。


で、明日の帰りはどうする~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一休さ~ん!

見てください、一休さんに出てきそうな、このお堂。

Sp9230070

どーですっ!

屋根の形なんか、いかにも!って感じです。


このお堂は、通称「熟田の庚申さん」、熟田庚申堂 です。
先日の海部川風流ランのさいに、K師匠と立ち寄ったのでした。

前から気になっていたのですが、ようやく案内してもらって
行くことができたのです。


あたりは、田園風景なのですが、ちょっと谷に入ったところに
唐突に、存在していました。

雰囲気がとても気に入りました。


ちなみに、近くを走る国道が193号、
「いっきゅうさん」と呼ぶ人もいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

きれいな小川

海部には、まだまだこんな小川が残っています。

Sp9230027

最近、お目にかかれなくなった光景です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

建物の外壁に歌詞が毛筆体で書かれている!

はじめて見たのは、もう10年以上前のことでした。
建物の外壁に、歌詞が毛筆体で書かれている!

Sp9100066

思わず、絶句!

この建物は、変人道場と呼ばれています。
Kaifu End の久尾にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »