« 木でつくられたひこうせん | トップページ | とくしまマラソン、リベンジを誓う! »

2008年6月 1日 (日)

海部川風流ラン 2 室津と樫ノ瀬折り返し

今日は、師匠Kさんと、海部川風流マラソンのコースを、走ってみました。
R55とR193のクロスする、フレップ前交差点から、相川で室津の折り返し(10.3㎞)まで走り、その後、樫ノ瀬の折り返し(19㎞)まで。
ゆっくり目のペースで、途中歩いたり、約2時間30分かかりました。

帰りは、歩いて3時間30分。途中、神野の旧道の寂れた佇まいや、若松から相川の中野トンネル前R193の旧道からの海部川を見下ろす景色を楽しみました。
後日、走破してみたいです。

今日は、鮎漁の口開けの日でした。鮎師がうようよしていました。ワタシたちが走ったコースでは、特に樫ノ瀬が多かったようです。

神野で、和三郎さんの前を通っていると、梅を仕込んでいる、和三郎さんと遭遇。
鮎釣りの話になり、昨日の晩から、鮎師が大挙して場所取りのために、さらに奥の皆の瀬方面に押し寄せているということでした。

鮎師恐るべし!いろんなところを歩いていても、釣りをする人は、こんなとこいくの?というところまで行っています。
彼らの行動力には頭が下がります。

|

« 木でつくられたひこうせん | トップページ | とくしまマラソン、リベンジを誓う! »

91 ラン&ウォーク」カテゴリの記事

コメント

 wild wolfさんロングランお疲れ様でした。私室津より無理をして樫の瀬まで足を伸ばしたまではいいが帰りの歩きは正直つらく長かったです!
 翌日接骨院にて右足の甲の中指、薬指、小指の関節部を痛めていた模様でテーピングとシップによる治療を続けることになりました。       昨年に捻挫をして以後サポーターで圧迫して練習したりレースに出場したりで自分なりに騙し騙しきたけれどじっくりと修理するタイミングとして治療に専念し改めて練習に取り込もうと思うのでその時は又よろしくです!           帰り道オール歩きで悪いことしたみたいで次回汚名挽回出来る様修理しておきますのでそれまで暫しおまちくだされよ!私もフォーム改善も含めて次回を楽しみにしてまーすヨ!!

投稿: 師匠K | 2008年6月 3日 (火) 20時22分

いやいや、以前生見ランでは、全く逆の立場でしたからねぇ~あっちは9時間ですよ、9時間!今回は、まだ6時間。しかも、お昼なし。ノープロブレムですね。

歩きは、ワタシにとって体の動きづくりのメニューの一つなので、全然苦じゃありません。

復活を期待してますよ!

投稿: wildwolf | 2008年6月 3日 (火) 20時52分

 wild wolfさんその後の右足の甲の治療経過ですが院の先生の申し受け通り昼間はテーピング、夜はシップを続けて今日で三日ですがいい感じで指で押すと痛みがあった部分に痛み無く案外と復活は思ったより早そうです。 もっと早くに治療に行けばよかったと反省してます、でも遅ませながらもヤレヤレで、このまま用心していきますんであと少し待って下されよ!!ヨロシクです!!
 復活後は基本からじっくりいきまーす!!

投稿: 師匠K | 2008年6月 5日 (木) 22時03分

調子よさそうで、なによりです。
今日は、ざんねんな結果に終わりましたが、また次回、がんばりましょう!
残念会をするそうです。

明日は6時発で、いつもの場所でお待ちしています。あせらず、ゆっくり行きましょう。まだ、先は長いですから。

投稿: wildwolf | 2008年6月 6日 (金) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/21333805

この記事へのトラックバック一覧です: 海部川風流ラン 2 室津と樫ノ瀬折り返し:

» 鮎(アユ)解禁です〜6月1日 [世の中のうまい話]
いよいよ・・今年も鮎の解禁がやってきました〜{/abanzai/} 鮎釣りを楽しみ、食べるのも楽しみ・・・・・・!{/kaeru_en1/} なんと言っても、川魚の王様ですから〜!食べ方も塩焼きだけじゃ〜ないですよ〜 天然物は特に香りが良いですよね〜まさ「香魚」ですよね!{/usagi/} 鮎(あゆ) 【語源】{/onpu/} アユの語源については色々な説があるが、ハッキリとはしていない。 「古事記」ではすでにアユと呼ばれていたようである。「アユる」は落ちるの古語で産卵アユが川を落ち... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 14時39分

« 木でつくられたひこうせん | トップページ | とくしまマラソン、リベンジを誓う! »