« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

おひさです

お待たせしました。ひさびさの投稿です。忘れていたわけじゃなくって、忙しくてつい...とイイワケしてる場合じゃないですよね。スミマセン

ということで、今日からアップを増やしていきます。昨日K師匠にいわれてしまったし。

ここんとこ、K師匠、U次長、T主任など、まわりの方の影響でランニングダイアリーをつけるようになって、走る回数も増えてきたような気がします。

月間150kmペースです。フォームを改造しているのも関係していると思います。レンチャンで走れるようになりましたから。もちろん、膝が抜けたりしません。

標準コースは、農免~R193フレップ~熟田庚申道~北岸林道~大井丸本までの間を往復。1時間走で10㎞強のメニューです。

朝6時前にスタートし、よくお世話になるのが、途中北岸林道にある、仮設トイレ。「清流便所」でしたっけ。

おそらく近くの方が好意で設置してくれているのだと思います。助かります。この場を借りてお礼を申し上げます。これからもお世話になるので、よろしくね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

廃墟?

先日、R55沿いに廃墟を発見!ということで、子供たちと探検に行って来ました。
探検となると、子供たちは乗り気になります。

200608daibo

▲これがその廃墟

ご存じでない方のために...
これは、廃墟じゃないです、
喫茶店!
名前は大菩薩峠!!by大佛次郎
だいぶつじろう、いや、おさらぎじろう
店の中もがっかりさせません。

アイスクリーム、おいしかったです。
でも、子供たちが一番面白かったのは、店の外と中での探検だったようです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

こんなサイト、みぃ~っけ!

アウトドアに繰り出すことが多いワタシには、スポーツイベントは欠かせない存在。
ついに、フルマラソンまでデビューしてしまい、どんどんハードになってます。
でも、まだウルトラがあるじゃない、なんていわないでね。

で、スポーツイベントのサイトを発見しましたので、ご報告します。好きな人にはいいかも。
"Human-Powered Games"っていうそうです。

どんな意味があるのでしょう。
なんでも、化石燃料を使わない、人力だけで競う...なんて書いてある。思いっきりハード路線なのかな?
日和佐のトライアスロンや、海部川風流マラソンもはいってます。木頭杉の一本乗り、コレ意外性ありますね。

マラソン、トライアスロン、オープンウォータースイム、自転車...そして一本乗り!こうしてみると、けっこうあるんですね。

ことしは、この一本乗りがブレイクするかも。ワタシにはiPhoneより、衝撃でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

とくしまマラソン、リベンジを誓う!

とくしまマラソンの結果が、送られてきました。
ご丁寧に、5㎞ごとのラップタイムが記入されていて、いまさらながら、マラソンの経過が、よくわかります。
20㎞までは順調に上り調子だったのが、それ以降、急激にダウン...

0-5km 40:41
5-10km 36:31
10-15km 34:26
15-20km 30:39
20-25km 47:21
25-30km 47:58
30-35km 51:48
35-40km 49:58

折れ線グラフが書かれていて、20㎞以降は欄外...
あらためて、リベンジしたい、と思いました。
ゴールの写真がグラフの下に、2枚印刷されてました。ダイエットの必要性もあるようです。
海部川風流マラソンまで、あと265日!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

海部川風流ラン 2 室津と樫ノ瀬折り返し

今日は、師匠Kさんと、海部川風流マラソンのコースを、走ってみました。
R55とR193のクロスする、フレップ前交差点から、相川で室津の折り返し(10.3㎞)まで走り、その後、樫ノ瀬の折り返し(19㎞)まで。
ゆっくり目のペースで、途中歩いたり、約2時間30分かかりました。

帰りは、歩いて3時間30分。途中、神野の旧道の寂れた佇まいや、若松から相川の中野トンネル前R193の旧道からの海部川を見下ろす景色を楽しみました。
後日、走破してみたいです。

今日は、鮎漁の口開けの日でした。鮎師がうようよしていました。ワタシたちが走ったコースでは、特に樫ノ瀬が多かったようです。

神野で、和三郎さんの前を通っていると、梅を仕込んでいる、和三郎さんと遭遇。
鮎釣りの話になり、昨日の晩から、鮎師が大挙して場所取りのために、さらに奥の皆の瀬方面に押し寄せているということでした。

鮎師恐るべし!いろんなところを歩いていても、釣りをする人は、こんなとこいくの?というところまで行っています。
彼らの行動力には頭が下がります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »