« 買ってしまった! | トップページ | 鈴ヶ峰から »

2008年3月29日 (土)

毘沙門峠

毘沙門峠と書いて、「ビシャモンノトウ」と読みます。場所は櫛川の一番奥から宍喰の北河内に抜ける峠道です。母川の源流地帯です。今日のアタックはコレにしました。鈴ヶ峰の道は、時間がないので後回しです。

この道は、県道芥附海部線なんですが開通してません。行き止まりの表示の所で車をとめて、しばらく舗装道路ですが、やがてダートの林道のような感じになって、山道へと変わっていきます。歩き始めて30分くらいで峠に着きます。

峠にはお地蔵さんがあり、地形からもよくわかります。見晴らしもわるく、いい画像になりそうにないので、写真は掲載しないでおきます。反対側の山道を下っていくと、約10分で神社のような建物があって、北河内の集落に来ます。あめごの養殖場の跡らしきところがあって、その向こうの木に見事な花が咲いていました。

200329

▲木や花は詳しくないので、誰か教えて下さい。

特にコレといってみどころはない峠道でしたが、宍喰の奥地・北河内まで来たのは何年ぶりでしょうか?もちろん、山越えできたのは、初めてです。

|

« 買ってしまった! | トップページ | 鈴ヶ峰から »

15 ☆母川」カテゴリの記事

コメント

うしろの紫色の花と真ん中の白い花は
同じ様な花でしたか?
それなら、木蓮と白木蓮ではないでしょうか?
花の形が分からないので、白い花はコブシかもしれませんが。
アメゴの養殖場を作った記念に植えられたのかも?
忘れさられてもちゃんと花を咲かせるのですね~。

投稿: ふるやのもり | 2008年3月30日 (日) 09時52分

名前の由来知りたいですね。
もっともっと峠歩きして、本にして!買うけん。
峠は地蔵でしょうね。もとは道祖神なのだけど、色々あって、特に明治の国家神道化の影響を受けて地蔵に変化したところが多いそうです。pig

投稿: 毛面 | 2008年3月31日 (月) 19時32分

>ふるやのもりさん

多分、同じようだったと思うので、木蓮でしょうね。ありがとうございます。後で宍喰町誌を調べたら、釣り堀と書いてありました。近くに宍喰グリーンロッジもあったようです。いつのことでしょうか?

>毛面さん

由来を書いた資料にはお目にかかってません。宍喰町誌には、北河内には毘沙門天の仏像があると書かれていますので、関係がありそうです。
ちなみに、クレギトウのクレギは、海部川筋でいう、クレギと同じだと思います。上流で切った木を、川に流す際に、適当な大きさに切って流していたそうです。この木のことをクレギといったと思います。

投稿: wildwolf | 2008年4月 1日 (火) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/11948078

この記事へのトラックバック一覧です: 毘沙門峠:

« 買ってしまった! | トップページ | 鈴ヶ峰から »