« 鬼ヶ岩屋、ふたたび | トップページ | 贅沢な橋 »

2008年2月18日 (月)

この木なんの木?

土曜日に生見に行った帰りに、宍喰で回り道をしていて、ふとある木に目がいってしまいました。その理由は、木の枝振りがひじょうに見事だったからです。

ある方向から見ないと、その枝振りは見えません。国道から見るとその枝振りが見えないので、ふだん見ていても気が付かないかもしれません。

歩いてみると、ふだん気が付かないことに気が付いておもしろいですね。

200216ki1

▲これがわたしのお気に入りのアングルです

|

« 鬼ヶ岩屋、ふたたび | トップページ | 贅沢な橋 »

76 名水・巨木・巨石」カテゴリの記事

コメント

踊っているような樹形ですね。スケートのビ(ピかな?)ールマンスピンを思い出しました。
樹木の同定って意外と難しいですよね。
樹皮からひくハンドブック、葉からひくハンドブックなど持っているけど、幼・成・老木で随分様子が変わる木が結構あったり、枝が高いと葉が見えなかったり・・よう解りませんなぁ。

投稿: 毛面 | 2008年2月19日 (火) 19時19分

Kさんは、タブの木じゃないかな?といっていましたが、ワタシは木はよくしらないし。

ビールマンスピンに似ているといわれたら、たしかにそう。
こうなったら、イナバウアーに似た木も探さなきゃ!

投稿: wildwolf | 2008年2月19日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/10602999

この記事へのトラックバック一覧です: この木なんの木?:

« 鬼ヶ岩屋、ふたたび | トップページ | 贅沢な橋 »