« 淵神の塔 | トップページ | 月ヶ谷温泉へ »

2007年12月19日 (水)

海部川ランニングツアー 3 和三郎にて

さて、はずせないのがお昼ですね。ここでもクーランマランさんはやってくれました。海部川の中流域神野には、地元でとれた食材をふんだんに使い、自然な調理を感じさせてくれる、和三郎さんが、あります。ここは、古民家を使った民宿なのですが、食事もでき、今回はここで昔の日本家屋を味わいながら、ヘルシーな料理をいただきました。

191216tour2_3

▲これが、柚子の里 和三郎です。大正2年に建てられた古民家です。このお店は、このブログでも再々取り上げてきたので、詳しい方もいるかと思います。

191216tour2_1

おにぎり。今まで味わったことのないおにぎりでした。(うまくいえない...)

191216tour2_2

おそば。これもおいしかった。大食いのワタシには、お代わりができたのも見逃せない。他にも料理はありましたが、主な2品をあげました。

今回は食事がメインではなかったですが、それでも和三郎さんの料理は参加者のハートをつかんだようです。参加者の中には、このお店の評判を聞いていて、探していた方もいましたし、食べてみて感激していました。ほかにも、電話番号をきいて、また別の日に使ってみたいという方もいらっしゃいました。

【つづく】

|

« 淵神の塔 | トップページ | 月ヶ谷温泉へ »

91 ラン&ウォーク」カテゴリの記事

コメント

えっ!マラソン途中に蕎麦とおにぎり??
ハイキングかウオーキングみたい。
けどおいしそうぅ~。炊き込みご飯のおにぎりかな?或いは佃煮入り?ほんっとにおいしそう!

投稿: 毛面 | 2007年12月20日 (木) 19時53分

ほんと、おいしかったですよ~
そばの残りはワタシとM氏がほとんど食べてしまった。みんな走るからといってセーブしてたんでしょう。

ところで、マラニックというコトバがあるんですよ。マラソンとピクニックとを合わせた造語です。意味はいわなくても、あきらかですね。

投稿: wildwolf | 2007年12月20日 (木) 23時24分

>みんな走るからといってセーブしてたんでしょう。
なんとっ!流石ランナー意思が強い!あたしゃ棄権しても喰いますな。こんな誘惑に耐えられるわけない!wildwolfさんの対応こそ正しい!
狼って一晩で50kmくらい走って狩りをして胃袋に餌収めてまた50km戻って子供に与えるそうです。その間消化しないとか。赤頭巾ちゃんが死なずに出てくるのも頷ける?
個人的に狼は好きな生き物なので、赤頭巾の童話は許せん気がします。誤解しとるわ。基本的に犬科の動物は人を襲わないそうです(例外は犬)。

投稿: 毛面 | 2007年12月21日 (金) 19時19分

食べなきゃ悪いですよ。残すのはダメ。だって、おいしいんだもん。食べなきゃ損よ。

犬科の動物って人を襲わないんだ。初めて知った。そんで、犬は例外。これも意外。

投稿: wildwolf | 2007年12月21日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/9452311

この記事へのトラックバック一覧です: 海部川ランニングツアー 3 和三郎にて:

« 淵神の塔 | トップページ | 月ヶ谷温泉へ »