« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

陶器ができました

久尾には、前々から行こうと思っていて、23日からの3連休は、ちょうどワタシがフリーになるのでチャンスと思っていたのでした。

そうしたら、その日の朝、久尾の梅田純一さんの奥様から電話がかかってきたのでした。用件は、6月に行ったときの焼き物ができてますので、宅急便でおくりましょうか?ということでした。-いえいえ、実は今日久尾に行くので、お伺いします。-それじゃぁ、夕方までには来てください。

ということで、偶然ですが、梅田先生の所にも行くことになりました。これがその作品です。

Sakuhin1

▲これは、子供たちのお茶碗です。きれいなマルにつくるのって、むつかしいです。

Sakuhin2_2

▲これは、お皿。画伯のようにはなかなか書けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月29日 (木)

おんとど、めんとど、うなぎとど

四十谷をさかのぼったとき、最初に見た滝は、実はこれなんです。高さでいうと7mくらいでしょうか?

40unagitodo01

▲開けた河原を歩いていて、突然現れ、最初この滝を人殺しの滝だって思っていました。でも、名前の割に小さくてショボイなぁ、と思っていました。

40unagitodo02

▲でも、大きな淵が不気味なのかなぁ?と勝手に想像しておりました。後で地元の方に聞いたら、これは、うなぎとどというらしいです。この方によると、この辺の滝のネーミングは、おんとど、めんとど、うなぎとど、というらしいです。(詳細は不明)資料になかったので勘違いをしておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

人殺しの滝(上の滝)

人殺しの滝には、さらに上の滝があります。こちらの方が少し低いと思いますが、ここまで行くのは一苦労でした。とういのも、ワタシは高所恐怖症だからです。この上の滝の滝壺まで行くのは、けっこう怖かったです。帰ってきたときに、思わず「助かった~」と叫んでしまいました。ですから、苦手な方にはオススメできません。

Hitogorosi014

▲そうやって苦労して撮ったのがこの画像です。画像を見る限りでは、そんな裏話はわからないですね。

Hitogorosi015

▲上の滝を登り切ったところは、こんな感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月26日 (月)

人殺しの滝(下の滝)

人殺しの滝下の滝は、高さ15mは越えているでしょう。ワタシは目測は苦手なので、なんとも...とりあえず、画像をみてください。

Hitogorosi012

▲この下には、昨日アップした、ホントかわいい滝がありますので、3段という見方もあるのですが、どうなんでしょう。

Hitogorosi013

▲この画像の左下にあるのが、3番目のカワイイやつです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

祝!ブログ開設1年

実は昨年11月23日に、ブログを開設しましたので、無事1年持ったのでした。調子が悪くて、復活した日がちょうどその日だったので、書きそびれてしまったのです。

奇しくも、記念1周年に久尾ネタが披露でき、うれしく思っています。当分、久尾のはなしが多くなると思いますが、他のネタも随時交えていきますので、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人殺しの滝(トド)

前々から、行こうと考えていたのがこの滝です。久尾出身の作家、上野さんの同名の小説も買ってしまいましたし。そうそう、今回の第1のターゲットはこれなんです。

野根川をさかのぼり、久尾の奥、石まで行きます。林道の最終地点で車をとめ、右側の四十谷をさかのぼります。開けた河原がやがて狭まって来ると向こうに小さなタビが見えます。もう少しいくと、岩陰から、突然向こうに2条のトドが見えます。(クリックしてください)

Hitogorosi011

どうやら、奥の2つのトドを総称して人殺しの滝(トド)というようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

久尾

旧宍喰の奥には、船津と久尾の集落がある。前にも書いたのですが、この2つの集落は、宍喰の他の集落と違い、野根川水系にあります。

竹ヶ島から北に延びる県境は、最初、宍喰川と野根川の分水嶺なんですが、途中で野根川を横切ります。その後、野根川と奈半利川との分水嶺が県境になるのです。

これは不自然です。いかにもとってつけたような昔話もあります。こんな話があるように、なんか説明がないと、わかりにくいですね。

文献を読んでいたら、甲ノ浦、野根は昔阿波の国であったと言うことでした。真偽のほどはわかりませんが、思い当たる節もあります。

竹ヶ島なんかは、地図を見たらどうみても甲ノ浦にしか見えません。実際、姻戚関係は甲ノ浦の方が強いと聞きました。

こうなったのは、長曽我部が、阿波を攻めてきたとき、海部城を落城する前に、野根、甲ノ浦の2城を占領しており、その後豊臣秀吉の時代(?)に阿波藩が成立した時に、この県境が確定したと言うことでした。

話を元に戻しますが、船津、久尾はそういった意味で面白いところでもあります。今年の6月に冷滝に行きましたが、昨日からまた久尾に出かけています。これから久尾のネタをだしていきます。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

サンライン、完走

この18日にあった、南阿波黒潮マラソンに参加しました。ハーフマラソン初挑戦です(阿波吉野川マラソンは、20㎞なので、ハーフじゃない)

今回は参加者389名と少なかったが、ほぼ地元開催なので、町内の駅伝チームのレギュラーメンバー4名や、なじみの人が参加する。主催者側や沿道で応援してくれる人たちにも、知り合いがたくさんいて、非常にアットホームな雰囲気です。来年もやってくれるなら、参加したい。

さて、レースの方は、全然試走ができなかった不安はあるものの、前半は快調そのもの。これなら、2時間は余裕で切れそう、と思ったが、折り返し直前、キター!

左膝に軽い痛みと右ふくらはぎに異変を感じました。そのため、一転後半はペースダウン。登りで力を入れたら、右足が攣りそうになります。だましだましで、もうこうなりゃ完走優先モードに突入。

最後から2つ目の下り坂、あと3㎞くらいの地点でしょうか?レースでよく会う、地元牟岐町のWさんに追いつかれ、相当なペースダウンを実感。折り返し地点では、けっこう差があったんですけど。

平地に入って牟岐東地区の漁師町を走ると、知り合いがけっこう応援してくれて、現金なワタシは元気になりました。天神前アタリで給水した後、加速1段してスパート、様子を見て、もう1段加速、足は大丈夫そう。アナログ的にどんどん加速をしていって、ゴール前の直線で、めいっぱい跳ばしました。それまで我慢していたから、けっこう快感でした。

タイムは2時間4分台。やはり2時間は切れなかったです。でも、課題が見つかったので、ヨシとしましょう。できたら、次は12.16の海部川ランニングツアーにでてみたいです。これは、レースじゃないけど、地元なのと、距離が28㎞で、フルに向けての練習としていいかな、というので、周りの皆さんにも勧めています。

さて、今回アップが遅れましたが、これはレースが終わった夜、家で子供たちとあそんでいた時、部屋の窓がかすかに開いており、夜風が風呂上がりのワタシをおそった結果、風邪を引いてしまったためです。

なんかさむいなぁ~と思いながら人生ゲームをやっておりました。人生ゲームって1時間かかるんですよ!そりゃ風邪も引くわな。おかげで、火曜くらいからトレーニングしようと思っていたけど、予定がさっぱりです。

最後に、アップが遅れて心配かけました。常連の毛面さんや、徳島の達磨さんなど、ご心配をおかけしたようです。この場をかりてお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »