« 冷滝往還記 | トップページ | 久尾で陶器づくり »

2007年6月17日 (日)

母川 8 高瀬舟に

昨日の晩は、ほたる週間の最終日でした。それまでが雨続きでしたので、子供たちを連れて行くのが人の多い千秋楽になってしまいました。天気も多く、たくさんの人が来ていました。

Hotaru101

満員御礼!高瀬舟の出発の様子

Hotaru103 

船頭さんの雄姿。船を操るのもなかなか大変です。

Hotaru102_1

水車もなかなかの雰囲気です。

|

« 冷滝往還記 | トップページ | 久尾で陶器づくり »

15 ☆母川」カテゴリの記事

コメント

ここ明るすぎませんか?
照明の位置を足元にするなど、工夫が必要な気がします。
ここより、この上流の橋のほうが真っ暗でよく見えます。

投稿: 和三郎 | 2007年6月17日 (日) 17時45分

乗り場の照明は、乗り降りの時だけ、照らすようになってました。高さは、河原の面にあわせていました。安全面を配慮してのことでしょうね。

会場のほたるは少なかったですね。高瀬舟のコースより、少し上流で、橋の下手には、ほたるがたくさんいるスポットがありました。多分ここのことをおっしゃってるんでしょう。やはり、たくさんの人が見ようとすることと、ほたるの数は微妙にずれるのかもね。
このイベントは、「夜の川を、高瀬舟にのって、ほたるを見る」という体験を売っている、という気がします。
ほたるの乱舞を見るのなら、もっと密かなスポットをさがさないといけないんでしょう。

投稿: wildwolf | 2007年6月17日 (日) 19時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6811859

この記事へのトラックバック一覧です: 母川 8 高瀬舟に:

« 冷滝往還記 | トップページ | 久尾で陶器づくり »