« 宍喰から | トップページ | 原谷の滝 »

2007年6月 6日 (水)

母川 7 大うなぎ

母川には大うなぎが生息しています。遊遊NASAにいけば、水槽で飼われていますので見ることができます。「遊太」と昼寝が好きな「ナサ次郎」の2匹です。

Oounagi01

せりわり岩の伝説もこの大うなぎにちなんでいます。

|

« 宍喰から | トップページ | 原谷の滝 »

15 ☆母川」カテゴリの記事

コメント

そういや樫木屋の後谷も、昔はウナギが多かったと聞きました。カレイ谷もそうだったかな?あそこはナマズだっけ?
今は殆どいなくなったそうで、堰堤がいっぱいできたせいでしょうかね。

投稿: 毛面 | 2007年6月 7日 (木) 18時59分

昔よくいたゴマうなぎ(ごまをもぶしたような斑点のうなぎ)はどこへいったんだ。いま思うとこの
大ウナギと似てたような、、、、

投稿: クニ舛田 | 2007年6月 7日 (木) 21時47分

>毛面さん

保勢アタリも、よくウナギが登っていたらしいです。数が減ったのは確かですが、堰堤って、そんなにたくさんできたんでしょうか?魚類の数が減ったのは、漁獲量の減り方を見ても明らかですね。堰堤の影響を否定はしませんが、より大きな影響は、海がかわってきている、という感じじゃないのでしょうか?

>クニ舛田さん

ゴマうなぎ?う~ん、よくしらない!そんなににてるんですか?

投稿: wildwolf | 2007年6月 9日 (土) 00時34分

いや、確証はないです。取りあえず浮かんだだけ。けど堰堤は多いですよ~。
思い出したけど、後谷では乱獲のせいと聞いたような。外の場所、確か穴吹の谷では、農薬の混入のせいだろうと聞いた記憶があります。

投稿: 毛面 | 2007年6月 9日 (土) 18時55分

ダムはないけど、堰堤はけっこうあるのか...なかなか、自然のままというのは見つかりませんねぇ
乱獲、農薬...どれも原因として、聞いたことがあるような話ですね。
生活がかわってきた証拠ですね。

投稿: wildwolf | 2007年6月 9日 (土) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6690558

この記事へのトラックバック一覧です: 母川 7 大うなぎ:

» 熱帯魚 通販 [熱帯魚 通販]
熱帯魚を飼うにあたって調べて60cm水槽でいいだろうと思っていたけど、ショップの人に今... [続きを読む]

受信: 2007年6月 7日 (木) 09時57分

« 宍喰から | トップページ | 原谷の滝 »