« 轟九十九滝へ | トップページ | 逃げろ! »

2007年5月12日 (土)

海南のお茶

カレイ谷では成果がなかったので、大木屋へ行って来ました。ここにも大きな滝があるらしいです。その下調べが主な目標です。

しかし、それより、面白い体験をすることができました。茶づくりです。この辺のお茶は、次の手順でつくられます。

Ocha_kainan01

  • まず、釜で炒る
  • よくもむ
  • これを三回繰り返す
  • 1日天日干しをして乾燥させる
  • お茶を飲む前に炒る

川下の大里でもお茶はつくられていますが、次の理由から、こちらのお茶の方が葉が大きく育ち、断然ウマイ!らしいです。飲む直前に炒るのがポイントらしいです。なお、大里の一部では、最初の過程で炒るのではなく、蒸す地域もあるようです。

Ocha_kainan02

  • 寒暖の差が激しい
  • 空気がよい
  • 夜露が多い

さっそくお手伝いをして、茶づくりの体験をしましたが、購入できないかお願いしておきました。でも、なんだか話の展開上、タダでくれそうな様子でした。いいのかなぁ~

で、肝心の滝ですが、お茶をつくっていらした方々の中に、その滝のある山の所有者がいましたので、無事、話がまとまり、いろんな話を聞くことができました。

|

« 轟九十九滝へ | トップページ | 逃げろ! »

02 おすすめの一品」カテゴリの記事

10 海部川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6394884

この記事へのトラックバック一覧です: 海南のお茶:

» 上部 [海兵隊]
共通して反対するテーマ ナラティワ 定数 昨日と今日と [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 10時09分

« 轟九十九滝へ | トップページ | 逃げろ! »