« 箱折谷のトド 樫木屋12 | トップページ | シカにご注意 »

2007年4月25日 (水)

「トド」、「トドサン」 考

旧海南町の小川や平井のあたりや旧宍喰町久尾では、「トド」、「トドサン」とよくいいます。

トド」というのは「小さな滝」を意味します。トドのほとんどは無名ですので、いろんな資料を見ても、「トドの滝」とよく書かれています。区別するために、あえていうなら、「○○のトド」というようにして、○○には地名や谷の名前が使うしか手はないでしょう。そんなふうな、「小さな」滝なのです。

これに比して、大きな滝は「トドロキ」なのでしょう。

トドサン」というのは、「トド」にまつられている水神さまをいいます。たいてい滝には神様がまつられていますので、「トド」を人のように親しみをこめて「トドサン」ということもあるのかもしれません。

ところで、「トド」の中で、唯一名前が付いているのは「ウナギトド」で、これは、海南にも宍喰にもあります。ワタシはまだ訪れたことはないですが、ちょっと大きいのでしょうか?

さらに、牟岐から宍喰には、「百々(どど)」という姓があります。牟岐には百々路山という山もあります。この辺の関係はまだ十分調べきってません。

参考:「海南町総合学術調査報告書 第2編」 海南町、海南町史編纂委員会

|

« 箱折谷のトド 樫木屋12 | トップページ | シカにご注意 »

75 滝」カテゴリの記事

コメント

仕事が早いですねー!参考になります。
思うに、水量豊かのがトドでしょうか。もともと「轟き」は擬声語でしょうし。
淵も大きな要素かも。いかにも竜が棲んでいそうな深く大きな滝壺。
トドロ、ドンドロ、ドロメキ、ドンド等みな元は一緒でしょうね。ヤレヤレから国193へ降りる途中の玉笠神社前にも綺麗な淵がありますね。

投稿: 毛面 | 2007年4月26日 (木) 19時13分

ネタをあかせば、前々からアップしようと思ってました。しかし、まだ調査途中だったので、それが終わってからの予定だったのです。

資料では、淵に着目してはなかったですが、この辺は、牛鬼の淵からの発想かな?新しい切り口で面白いかもしれません。

たしか、海南の海部川マップでは、玉笠のトドも「トドの滝」となってたと思います。おっしゃる淵とはそこにあるのですか?
それとも峠を越えた、神様のいるところでしょうか?

投稿: wildwolf | 2007年4月26日 (木) 20時38分

牟岐から峠を越えて降りてゆくと、片方が工事中の三叉路ありますよね。あそこから谷沿いとなり、途中にある淵です。国道193まで後少しのところ。忠犬の伝説のある神社のところです。綺麗な淵ですよね。

投稿: 毛面 | 2007年4月27日 (金) 19時26分

あのアタリでは、地元の方は車のクラクションを鳴らすことになっているらしいです。

投稿: wildwolf | 2007年4月28日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6209172

この記事へのトラックバック一覧です: 「トド」、「トドサン」 考:

« 箱折谷のトド 樫木屋12 | トップページ | シカにご注意 »