« 後谷の滝 樫木屋10 | トップページ | 今日は牟岐の日 »

2007年4月14日 (土)

猿滝 その1 百々路観音

牟岐町に猿滝という滝があると聞いて、今朝、さっそく出かけました。場所は、正観寺のあたりです。ここの近くの山に、観音さんがあって、その下には千鳥ヶ淵、そして猿滝があるらしいです。

Dodorokannon01 正観寺まで行って、寺の手前の空き地に駐車し、地元の老婆に道を尋ねました。すると、正観寺に行く手前の道を左折して、ずーっと行くと右側に観音さんの参道の案内があるということでした。いってみると、その通りで、親切に杖が設置されていました。道が急だというのと雨上がりで道が滑るというのと、年齢を考慮して頑丈な杖を拝借しました。感謝!(8:51

Dodorokannon02やがて道はえぐられた岩の上を進むようになり、帰りが大変だなぁ、と思いながら進んでいくと、「頂上登山口まで2㎞、観音様まで4㎞」という表示に出くわします。(9:01)道は、林道に合流したようです。(9:09)道を左に下ると1つ目の分岐ですが、右の道は登りですが、本道ではないので、左を選び、さらに2つめの分岐にになります。(9:11)ここで、右を選択しました。左に行くと麓に行きそうでした。

しかし、この道をまっすぐ行くと内妻の方まで行ってしまうのでした。本当は最初の分岐を右に上がらなくてはなりませんが、この時は知りません。コンパスでチェックするとどんどん西の方に行ってます。内妻の海や遠く浅川の海が見えます。景色は最高!ですが、どうも道が違うようです。ヘンだなと思いながら、4㎞だから1時間くらいして引き返そうかなぁ、と思いながら、歩いてましたが、時間を早めに引き返すことにしました。(9:40

Dodorokannon03先ほどの二つ目の分岐にさしかかったとき、作業を終えて、林道を降りてきた車に出くわします。ラッキィー!と道を尋ねてみましたが「分からん。次の車に詳しいのがおるから、そいつに聞いてみてくれ」すぐ近くの1つ目の分岐に向かううちに、次の車が来て、手を振ったら、助手席に同じ町内会の人がいて、向こうも手を振って、そのまま通過。あいさつしたと勘違いしたようですが、「ほうっていくなぁ~」、(画像は1つ目の分岐)

  • 「こんなところでなにしよん」
  • 「実は...」
  • 「それならもひとつ向こうに行ったら、山の方に道があってすぐそこ」
  • 「えぇ~、ほしたら、滝は」
  • 「しらんなぁ、がんばってぇ~」

Dodorokannon04ということで1つ目の分岐まで行き(9:47)、右に上がり、橋をわたって、めでたく観音さんに到着しました。(9:49)ヤレヤレ。だいたい、、「頂上登山口まで2㎞、観音様まで4㎞」の標識がおかしい。あそこからだと、10分くらいで観音様まで行けますので、4㎞もあるはずがない。詐欺だぁ~!一体誰が、なんの目的であの標識をたてたんだろう?これは、百々路観音のナゾですね。

|

« 後谷の滝 樫木屋10 | トップページ | 今日は牟岐の日 »

75 滝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6092900

この記事へのトラックバック一覧です: 猿滝 その1 百々路観音:

« 後谷の滝 樫木屋10 | トップページ | 今日は牟岐の日 »