« 押し花と切り絵が楽しめます! | トップページ | 猿滝 その1 百々路観音 »

2007年4月13日 (金)

後谷の滝 樫木屋10

矢助谷を後にし、時間があるので、どこに行くか思案したら、矢助越えには少し時間がないということで、後谷にしました。ここなら、車は移動しなくてすむ。ワタシはこの谷の存在はしらなかった。手持ちの資料には記載されていないからです。しかし、阿波名滝の毛面さんの情報により、ここに滝があるということがわかりました。

轟神社の鳥居をくぐらず、左手の林の中へ続く道を行くと、以前ワタシが骨木家をもとめて訪れた、矢助谷と地獄谷の合流地点の谷に降ります(2時42分)。まえは、矢助谷のとどさんから谷を下っていったのですが、この方が断然楽です。

Yasukedani190408そして、矢助谷の向こう岸に一旦渡り、そこから地獄谷を渡ると、炭焼きの石積みが見える。ココまでは先日来たところです。ここから、その石積みを乗り越えて、山道をのぼっていく。少しわかりにくいところもあります。道は山を登っていきますが、やがて谷に降りてきます。地獄谷に北側から流れ注ぐのがこの後谷です。道はハッキリとはしてないですが、谷に沿ってのぼっていけばなんとかなるし、迷うことはありません。

やがて谷は二またに分かれます。途中で寄り道をしましたので、思いの外時間がかかっています。(15時17分)右側に谷よりに巨石が居座っているのが目印です。さらにさかのぼっていきます。しかし、なかなか滝が見えてこないので、少し心配になりました。やがて、待ちこがれた滝を見ることがでました。(15時36分)分岐点から約20分の距離ですね。

Ushirotani_kashigoya

さて、その滝は、まさに絶壁!という感じで、大きな壁が眼前にそびえ立っています。水量はたいしたことはないです。非常に静かな滝ですが、その規模の大きさと漆黒の岩壁に圧倒されます。高さは、25~30mという話ですが、わたしにはよくわかりません。

ここでしばらく居座ったあと谷を下りました。途中で雨が降ってきたので、とばしました。下りは約20分で先ほどの炭焼きの石積みまで到着しました。今日はこれにて退散。

毛面さん、貴重な情報ありがとうございました!

|

« 押し花と切り絵が楽しめます! | トップページ | 猿滝 その1 百々路観音 »

11 ☆海部の秘境 樫木屋」カテゴリの記事

コメント

あら~。水が・・水がぁ~。こら再訪は雨季までおあずけですねぇ。写真の出来悪いけど、手持ちので更新準備します。
わたしん時ゃNさんの後くっついていったので、道の目印とかよく憶えてないのですよ。大雑把な情報でごめんなさい。野生狼さんでも谷分かれから20分かかりましたか。倒木やらありますしね。お疲れ様でした!
確かわたしゃもっと掛かったと記憶。
二見は月曜アップを目処に作業中です。

投稿: 毛面 | 2007年4月13日 (金) 22時49分

水が欲しいですね!いえいえ、道はそれほど難しくはなかったですよ。最後の方は、谷を間違えたかな?と少し不安になって、もう少し行って中ったら、引き返そうと思ったら、滝の前に来たのですよ。
二見、いよいよアップですか!楽しみにしています。

投稿: wildwolf | 2007年4月14日 (土) 06時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6062141

この記事へのトラックバック一覧です: 後谷の滝 樫木屋10:

« 押し花と切り絵が楽しめます! | トップページ | 猿滝 その1 百々路観音 »