« 今日の樫木屋 | トップページ | 轟九十九滝 »

2007年4月24日 (火)

「巨石文化をかたる」に行って来ました

Kyoseki01あなんどさんに行って来ました。もちろん「巨石文化をかたる」の須田郡司さんのスライド&トークショーが目当てです。このブログでも何回か登場しているGさんも来ていました。

Kyoseki02 巨石について、日本はおろか世界まで旅をしてめぐっておられる須田さんのお話はとても興味深いモノがありました。ジンバブエの楽器の演奏も披露され、なかなかスライドショーにもマッチングしたものでした。

Kyoseki03須田さんは最近、3年間ほどかけて、日本巨石巡りをされたと聞きますが、ちなみに1年前にもこちらにいらしたそうです。あちこちの珍しい岩をみて、こんなのがあるんだと、新しい刺激を得ました。今日覚えた言葉はイワクラです。

Kyoseki04 そういえば、ワタシは樫木屋によくいっていますが、あそこも岩が多いなぁ...ししくいの分銅ヶ岩屋もいいかも(まだ行ってませんが)なんて、イロイロ思いをめぐらして聞いていました。また、新しいネタを得ましたので、順番にアップしていきたいと思います。

|

« 今日の樫木屋 | トップページ | 轟九十九滝 »

03 ひと・みせ」カテゴリの記事

76 名水・巨木・巨石」カテゴリの記事

コメント

小川谷はそろそろ山藤の咲くころでしょうか?
ここの藤はすごいですよ。
海部川は鮎師のいうところの女川で、大きな石がかなり上流に行かないとないんです。
なぜかというと、海部川はたった36kmしかないのに、その間に1000mの標高差を下る急流だからです。そのため鮒や鯉のすんでいる水域が無く、汽水域からいっきに鮎の住処になってしまいます。

投稿: 和三郎 | 2007年4月24日 (火) 08時04分

イワクラは磐座と書くことが多いですね。
巨木同様神の依代(よりしろ)とされてますが、元々は祖霊信仰でしょうね。
最近見たのでは明神山に「天の磐座」てのがありました。うちの「さとやまあるき」のコーナーでも紹介してます。
巨古木と岩を見るとなると、大半寺社巡りになりますよ~。巨古木は一宇が多いようです。

投稿: 毛面 | 2007年4月24日 (火) 18時58分

>和三郎さん

藤のいいスポットご存じなんですか?是非、ブログで紹介して下さいね!

>毛面さん

イワクラは磐座と書くと、須田さんもおっしゃってましたが、独自の意味を加え、国際的にも通じる言葉として使いたいので、「イワクラ」というらしいです。英語風に「イワクーラ」なんて行ってました(笑)。
巨樹・巨木の里として、一宇は有名ですね。HPもありましたね。

投稿: wildwolf | 2007年4月24日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/6194208

この記事へのトラックバック一覧です: 「巨石文化をかたる」に行って来ました:

« 今日の樫木屋 | トップページ | 轟九十九滝 »