« きた、きた、きた | トップページ | 橘のみち その2 »

2007年3月 9日 (金)

橘のみち その1

Tatibana01日和佐と牟岐の間にあるかんばの峠を越え、国道をおりていきますと、右側に小さなお地蔵さんがあります。これがこのルートの目印です。そのすぐ下手右側に谷へおりていくみちが進行方向とは逆向きに出ています。

Tatibana02谷へおりていきますと、すぐ4つ辻に出くわします。ここで、左のルートをとって下さい。みちはコンクリート舗装された細いみちですが、この区間は雰囲気がいいので、歩いていてなかなか楽しいみちです。

Tatibana03ちなみに、この4つ辻をまっすぐいくと、昔のへんろみちがそっくりそのまま残っているところに出くわします。昔はこのみちから、ここに来ていたのです。しかし、今は行き止まりとなっていて、引き返してこなくてはなりませんので、あまりオススメしません。

Tatibana04やがて、橘川を渡ります。橋のたもとから川の流れを覗いて見て下さい。とてもきれいな川べりがそこにあります。この川は、辺川のみちでご紹介した川につながっています。

|

« きた、きた、きた | トップページ | 橘のみち その2 »

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/5629320

この記事へのトラックバック一覧です: 橘のみち その1:

« きた、きた、きた | トップページ | 橘のみち その2 »