« くたびれた | トップページ | あなたに逢えてよかった »

2007年3月19日 (月)

後山越え その1

日和佐の西町から出る登山道があります。子供の時、この道をツタってオイワ(大岩)まで、よく行きました。この道はオイワからは、奥河と東町の境の水路に降りてくるルートとなっており、これが四国の道に指定されています。

Oiwa101道は非常に整備され、昔の面影はありません。しかし、オイワからは別のルートがあったのです。オイワの向こうにはコイワ(小岩)があって、恵比須浜まで降りられるというのです。また、東町のずーっと大浜海岸の近い方に降りてくるルートもあります。

Oiwa102東町へのみちは地の道ですが、恵比須浜へ抜ける道は後山越えといわれ、へんろみちの一つであったようです。今日は、オイワからさらに山に分け入って来ました。オイワまでは約15分ですが、それからが長い。2時15分に出て3時30分に到着、約1時間15分の道中でした。

Oiwa103 オイワに到着したのが、2時32分。そこから細い道が出ています。道は太くなったりしますが、ほとんどは狭いままでシダにおおわれています。2時42分にはなんか山頂にアヤしい物体を発見しました。まさか、井戸でしょうか?円柱の中にはすでに木が生えていました。この辺は来た記憶があります。

Oiwa104 これを通り抜け、道に迷ったものの、尾根に出て道を再発見。2時55分には、三角点に到達。道が3方向にあるようです。正面の道はイケソウにもないので、右を選択。これもよくないけど、何とか行きました。途中でコイワらしきモノはあったけど、よくわかりません。

Oiwa105 どうにか、またピークにたどり着きました。ここには、大きな木が生えています。時間は3時3分ですから、そんなに時間はかかってません。しかし、ここからが問題でした。道が分からない!ウロウロすることどれくらいだったでしょうか?行ったり来たり、ルートをつぶして、ようやく、道を決めて降り出しました。でもこれでダイジョーブなんだろうか?非常に心配ですが、あの道を戻るのはかえって迷子になるかもしれないと思いましたので、このまま行くことにしました。

道は相当悪く、もはや道ではないようです。けっこうイバラが多くて苦労しました。しかし、少し進行方向が開けてきたのと、時間的にそろそろ恵比須浜に降りられそうだということから、楽観的に構えていました。すると、道らしいモノが見えてくるので、不思議です。しかし植林された杉林に入り、再び失路。でも、気が伐採されており、人が入っているのは明らかです。このまま降りていけばよいのは間違いないので、心配はしていませんでした。案の定道に合流し、そのまま麓まで降りられました。到着は3時28分。場所は、目的地より北東にずれた箇所でした。谷が一つ違ってました。

また行こうか、ちょっと悩みます。イバラは結構あるし...ちょっと対策が必要ですね。

|

« くたびれた | トップページ | あなたに逢えてよかった »

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

私も大昔、大岩に登ったことがありますよ。
裏の方にまわると穴があいていて(記憶不確か)
大きなヘビが住んでるとか脅かされたものです。
ただの岩というより遺跡っぽいけど
何でもないただの岩のようですね。
その上のほうには戦争中の見張台の跡があると聞いたことがありますが
それも記憶が不確かです。

低い山でもシダの茂った道は迷いやすいし
自分が山のどこの辺りにいるのか、さっぱり分からなくなりますよね~~~。
どうかお気をつけて探検してくださいね~っ。


投稿: ふるやのもり | 2007年3月20日 (火) 11時40分

それそれ!見張り台です。ワタシが井戸といったものは!確か日和佐町史かなんかにも記載があったような気がします。

また行くかは、よく検討してからにします。コンパスとか、もう少し装備が必要かも...

投稿: wildwolf | 2007年3月21日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/5739644

この記事へのトラックバック一覧です: 後山越え その1:

« くたびれた | トップページ | あなたに逢えてよかった »