« フウランの回復活動が発表されます | トップページ | 宍喰峠 その2 »

2007年3月 3日 (土)

宍喰峠 その1

Kome_2宍喰-甲ノ浦間には、旧の土佐街道が残っており、あるきへんろの中には通られる方もいらっしゃいます。今日は午前中に、小一時間ほど自由な時間がありましたので、さっそく行って来ました。先日行ったときは、県境の峠まででしたが、今日は高知県側までおりてきました。

Sisikuitouge1_1まず、宍喰側のスタート地点は、古目の番所を通り過ぎ、現在下水道の処理施設がつくられているところです。「古道」と書かれた杭があります。ここからスタートすると1分くらいで、山を登ることになります。道はきれいに整備され、目印もありますので、迷うことはまずないと思います。

Sisikuitouge2_1山道に落ちている、マツボックリは、異常に大きいです。これがゴロゴロ転がっています。大きさは10センチくらいはあると思います。はじめて見たらギョッとしますよ。

Sisikuitouge3_2山道を約10分くらい行くと、峠に到着します。峠は「宍喰峠」と呼ばれています。またの名は「甲ノ浦峠」。いかにも安直。峠にはお地蔵さんがおかれています。甲ノ浦方面の見晴らしは、まぁまぁでしょうか?今日はあいにくなことに、午前中は曇り空でしたので、画像掲載は控えておくこととします。

|

« フウランの回復活動が発表されます | トップページ | 宍喰峠 その2 »

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/5556837

この記事へのトラックバック一覧です: 宍喰峠 その1:

« フウランの回復活動が発表されます | トップページ | 宍喰峠 その2 »