« あなたに逢えてよかった | トップページ | 国道を走る犬 »

2007年3月20日 (火)

よここ峠の道 探訪 その7

3月18日(日)

今日はうってかわって、日和佐トンネル西詰から、山河内方面に降りて行く古道を歩いてみました。国道沿いに車をとめて、トンネル左側の道を入っていきますと、すぐさま、右手に分岐点があらわれます。

Yokoko701_4この道を右に曲がると、すぐにJRの線路に行き当たり、線路に沿って道は続きます。道は手入れがしてありませんので左手の崖から行く手をさえぎるように木々が生えていて歩きにくいです。右側はコンクリートの低い壁があって、線路を通すときにでも、つくられたのでしょう。

Yokoko702やがて道は、右側の壁がなくなり、山道になります。木立の中を抜けていきます。右手は沢になってます。途中で左側に山に入る道がありますが、そのまま、まっすぐ行きます。やがて右にカーブしていき、また線路に沿って歩く道になります。これを通り抜けるとまた林の中に入っていきます。「平成18年度 土砂流出防備保安林」と書かれた標識を左手に見ると、やがて線路に出くわし、線路を横断するようになっています。この踏切は軽自動車なら通ることができるようですが、誰か通る人がいるのでしょうか?う~ん、ナゾです。

Yokoko703道なりに行くと、急に視界が開け国道が見えてきます。坂を下ると、その向こう側には森林組合の倉庫が見えます。しかしここで国道に合流と思ったら大間違いです。そのまま国道に降りることもできるのですが、もう一つ道があって、左にカーブしていきます。

Yokoko704坂を登るとみちがまだまだ続いていくのがわかります。登り切った後はちょっといい雰囲気の道になります。そして少し行くと、山河内谷川をわたります。ここで橋の下や、右手の国道の方に見える景色をご覧ください。

Yokoko705そのまま、まっすぐ行きますと、打越寺が見えます。ここで右に行くと国道なんですが、さらに左に行くルートは、JR山河内駅の前を通る旧道で、迂回してまた国道に合流します。

山河内側は、この後もかんばの坂に至るまで部分的にへんろみちが残っているので、オススメのコースです。

|

« あなたに逢えてよかった | トップページ | 国道を走る犬 »

25 山河内」カテゴリの記事

74 へんろみち・古道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/5747541

この記事へのトラックバック一覧です: よここ峠の道 探訪 その7:

« あなたに逢えてよかった | トップページ | 国道を走る犬 »