« よいお年を | トップページ | 売れたのはどの町? »

2007年1月 4日 (木)

海部郡の風景・自然を題材にしたオリジナル切り絵アート

12月27日のブログで書いたが、ようやく画像をアップすることにした。(実は先ほど御本人に電話して了承して頂きました)川辺さんは牟岐町の方で、切り絵に取り組んでいる。ワタシが初めて意識して見た作品は、おへんろさんが紅葉のある階段を上っているモノであった。この時のインパクトがすごくて、ファンになってしまい、それ以降あちこちでPRをしています。

この日いただいたのが新作3点。

Kawabe_todorokiまず「轟の滝」。この滝があるのは清流海部川の上流部で、他にも滝がたくさんあり、轟九十九滝と総称されています。秋の大祭にみこしが滝に入ってます。ちなみに、この11月は滝壺まで行ったとか。

Kawabe_mitoko続いて、「夜明けの水床湾」。水床湾は非常に景色がよくてワタシも大好きなところです。今回は、オーソドックスな構図ではなく、日が昇った水床湾です。また違った魅力がありますねぇ~

Kawabe_tsukigatani三つ目は、「月ヶ谷温泉」。ここは海部郡ではなくて上勝町です。この際海部郡でなくてもノープロブレム!勝浦川に鯉のぼりがかかってなかなか爽快です。

Kawabe_senba新作でないけどおまけ。「千羽海崖」。この構図は非常に気に入っています。

これらの切り絵は、単品だけではなくて絵はがきとしても、道の駅日和佐遊遊NASAで販売されています。最近デジカメの普及で画像は誰でも手に入れることができるようになった。そういう意味からして、この切り絵は非常にオリジナリティーのある作品といえるのではないでしょうか?

|

« よいお年を | トップページ | 売れたのはどの町? »

03 ひと・みせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184361/4794529

この記事へのトラックバック一覧です: 海部郡の風景・自然を題材にしたオリジナル切り絵アート:

« よいお年を | トップページ | 売れたのはどの町? »