« 牟岐町マラソン大会 | トップページ | 二見の滝 2 二見浜へ »

2006年12月10日 (日)

二見の滝 1 寺屋敷 

今日はすごぶる天気がいい。しかも昨日まで雨が降っていた。これくらいなら滝の水量が増えても地すべりとかは心配ないかな?と、マラソンが終わってから一人で出かけました。

Futami301  目標は、ここです。夏に一度来て、なんだか不思議だなぁと思っていたトコロでした。まさかここが例の場所だったとは...

Futami302  ガードレールを越え降りてみると広場があります。埋め立てられた感じで、南阿波サンラインが華やかであったときは、ここに食堂があったらしいです。西に行くとしたへ降りていく道があります。途中でニホンカモシカの死がいを発見。

Futami303  通り過ごすと、また広場があります。ここは一転して杉が植林されてます。サンラインの関係でフィールドアスレチックがされていた場所というのはここかもしれませんね。この辺が寺屋敷と言われているところのようです。

Futami304  西側には沢というか谷らしきものがありますが水は流れてません。この谷がやがて二見に落ちる滝になります。広場は東の方に広がっていて、少し細い道をつたって行くと、やがて五輪の塔が見えます。この五輪の塔が日和佐の町内のK寺に関係すると言われているものです。

|

« 牟岐町マラソン大会 | トップページ | 二見の滝 2 二見浜へ »

20 千羽海崖」カテゴリの記事

73 千軒伝説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牟岐町マラソン大会 | トップページ | 二見の滝 2 二見浜へ »