« 牟岐のマラソン大会間近! | トップページ | 二見千軒 »

2006年12月 6日 (水)

アトピーと田舎暮らしと地域の活気

Nature01  こちらに移り住んでくる方や家族にアトピーをお持ちの方が多いと、つねづね思っていた。そういう方にお聞きしてみると、アトピーには空気や水がきれいな場所がいいという話だった。

 ところで、先日、役場の保健婦さんで、子供のことでお世話になった方におたずねしていろんなことを教えていただいた。この方もアトピーには詳しくて、自宅にアトピー対策をした材料を使って建てている。
 その方がいうには、空気や水がきれいとかいうのは、直接影響はそれほどないようだ。それよりもまず、食生活。添加物の多い、今流の食事が一番悪い。自然のものをそのまま食べるのが、一番効果がある。ついで、ストレスのない生活。都会の喧噪はアトピーには良くない。そういうことからすると、田舎暮らしはアトピーにいいのだろう。

Nature03  ちなみに、先ほどの添加物であるが、今は規制が大分できているが、この手の食品が出たてのころ、つまりワタシの子供のころは、けっこう過激なものが含まれていたらしい。何せ野放しであったから。ワタシの子供の同級生をうちにつれてきて気が付いたことだが、親が土曜日仕事に行っていないので、日常的にカップ麺なんかを食べている。また、給食を残さず食べるように言ったら、親から講義を受けた、と言う事例もある。こうした影響は蓄積されて、その子供に影響を与えていく。
 つまり、自分が大丈夫だからと言って安心できず、子供や孫にその負担はのしかかっていくと言うことになるわけだ。知らず知らずこうした食品を口にするのは罪なことだと気がついた。

Nature02  最近、地産地消といっているが、このような効果もあると思う。また、食生活だけでなく生活そのものの見直し、ストレスのない暮らしを心がけるのも必要なのではないかと、この保健婦さんに教えられた。
 そういう観点で生活しているのは、都会から田舎に移り住んできた方に多いと思うが、地域住民ももう少し、この現状に気が付くべきではないか?そうすることで、食生活や生活の改善がはかられていくだけでなく、田舎暮らしの良さに気が付いて地域の活気にもつながるのではないかと思う。

|

« 牟岐のマラソン大会間近! | トップページ | 二見千軒 »

99 田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

子供がアトピーということを最近はまったく
意識していないひわさ屋です。

わたしどもが移住してきた時には息子はすでに
アトピーの症状はおさまりかかっていましたが、
子供のおかげで食生活の見直し、移住の
きっかけづくりをしてもらいました。

アトピーもいいもんだなー
大変だったけど

投稿: ひわさ屋 | 2006年12月 7日 (木) 02時46分

>ひわさ屋さん

やはり食生活が大事なんですね。スローな生活、スローな食事ですね。ひわさ屋さんの食事も、その辺を意識されているのがわかります。
非常にヘルシー指向が出ていますね。今日もご馳走様でした。

ちなみに、「ひわさ屋」で検索してこのブログに来る方がけっこう多いです。注目されてますねぇ~

投稿: wildwolf | 2006年12月 8日 (金) 20時45分

こんにちは
添加物食品を出来る限り使わない生活をはじめて
喘息で、かつ、アトピーの娘もだいぶ体質は改善されました
また、味覚もかなり変わりますね
添加物や化調の多い食品は辛いです

7日に四国放送のニュースで紹介された
徳島本町の雑穀と自然食惣菜の店に、昨日出かけましたが

カミさんと食べてみましたが.. う~ん 腕組み
ナチュラルな味がしないよ~

冬なのに体を冷やす材料などなど
食材の性質を無視した素材を調理している
店も包装もおしゃれなんだけど
小松島の身土不二をうたう某店と同様に
マクロビや自然食のブームに乗っているだけに感じてしまいました
..残念..

投稿: 徳島の達磨 | 2006年12月 8日 (金) 21時56分

やはりブームなんでしょうね。
まぁ、一過性のブームに乗るのも手の一つでしょうが、本質的なトコロを理解してやっていかないと、長続きはしないですよね。

そういう取組が集まって本格的な流れになったらすごいことだと思います。

投稿: wildwolf | 2006年12月10日 (日) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牟岐のマラソン大会間近! | トップページ | 二見千軒 »