« モラスコむぎのイルミネーション | トップページ | 由岐のへんろみち »

2006年12月16日 (土)

カブト虫の飼育

もう4~5年になりますが、我が家では捕ってきたカブトムシにタマゴを産ませ、幼虫を飼育しています。1年目は失敗、2年目は成功し、30匹近くがかえりました。3年目も同じくらいだったですが少し小ぶりでした。ただいま4回目の幼虫を育てています。

この夏は、山奥に行って自然のカブトムシをたくさん捕ってきました。捕まえた来たモノだけで交尾させていると、次第に小さくなると聞いたので、大きなものに育てようと自然のイキのいいのを捕まえました。また、さなぎからふ化するときに、自分から出てくるまでさわらない方がいいらしいです。そうしないとすぐ死ぬらしいです。

Kabuto1 ということで、新たなチャレンジをしていましたら、イキが良すぎて100匹幼虫がかえってしまいました。今までこんなことはなかったのですが。衣装ケースに蠢いているさまはまさしく異様でした。とてもこのスペースでは育てられないと、1ヶ月前に、急きょ庭に穴を掘って、飼育することにしました。ブロックは6×2ですので、相当なスペースです。近所の人たちは珍しくないのと、大きくなってからでいいよ、とありがたいご返事でしたので、こうするほかありません。若干もらってくれた、同級生で同僚のHくん、近所の共同作業所の方、ありがとうございます!

Kabuto2 今日は、土をもらってきて足す作業をしました。何せ100匹あまりですから、すごい量の土が必要なんです。幼虫はこのとおり!これが最大ではありません。最大のモノは、1ヶ月前からこのサイズより大きかったですねぇ。まだ他にもクワガタがいます。4月になったら小学校に何匹か寄付するかもしれません。その後ふ化したら、近所の子供たちに配る予定です。

|

« モラスコむぎのイルミネーション | トップページ | 由岐のへんろみち »

99 田舎暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モラスコむぎのイルミネーション | トップページ | 由岐のへんろみち »