« 海部樫木屋八方地獄 樫木屋1 | トップページ | トレックランのすすめ »

2006年12月25日 (月)

矢筈山 樫木屋2

この土地の方にようやく会えた。「戦争から帰ってきて...」とおっしゃっていたYahazuanが、とてもそういう風に見えない。山で鍛えているせいか?その方に矢筈山にある寺のことを聞き出し、行ってみることにした。

寺の名前は不明だが観音さんがあるという。林道樫木屋線があって、どうやらお寺まで四駆なら車で行けそう。軽でも大丈夫そうに言われた。途中まで舗装してあるが、それ以後も難なく通過。できたら歩いていきたかったが、時間がない。車で行くと5分くらいで到着した。

Rekizenkutsuそれらしい建物がこれだ。しかし、建物には「矢筈庵」と書かれていて「寺」ではない。あとで文献を調べたがやはりこれがその寺らしい。寺の名前は「得林山妙法寺」ということだった。

Iwa2 その左には岩屋があって、「礫禅窟」というらしい。なんかすごそう...この辺一体はやたら大きな岩がゴロゴロしている。矢筈山の中腹あたりだが、独特の雰囲気がある。写真は先ほどの矢筈庵の下にある大きな岩です。

Iwaあとで「海南町史」を見てみると、どうやらここから山頂までは7つの行場があるという。順に、岩屋、蟷螂の岩屋、登り岩、蟻塔渡、西の覗、金掛、燈明杉がそれらしい。最後の燈明杉は山頂にあったが、今はないらしい。写真では見たが、なかなか見事なモノだった。どうやらこの辺で修行していたようだ。この辺は、矢筈庵境内にある石碑「矢筈庵本堂再建記」にも書かれている。

|

« 海部樫木屋八方地獄 樫木屋1 | トップページ | トレックランのすすめ »

11 ☆海部の秘境 樫木屋」カテゴリの記事

76 名水・巨木・巨石」カテゴリの記事

コメント

おお~!面白そうな場所ですね!
大好きなのですよ、こういう所。県南は全体に知らない場所の方が多いので、このての記事はうれしいです。
ゆきたいリストにメモっときます。

投稿: 毛面 | 2006年12月27日 (水) 19時26分

けっこう雰囲気ありました。ちなみにお寺から山頂までは約1時間です。次回のお楽しみにしています。

まだ、未確認ですが、樫木屋アタリに滝があるという情報があります。ご存じないですか?

投稿: wildwolf | 2006年12月27日 (水) 22時09分

未見ですが、大木屋の西に轟谷という谷があり大きな滝があるそうです。カレイ谷の滝同様こちらも「轟の滝」と呼ばれているとか。何でも、私有地を通行せねばならず、そのため地主さんに柵の鍵借りねばならないとかで、人見知りな私は億劫で、訪問していない次第です。あと後谷にも轟の滝があり、以上三本で三トドロの滝と呼ばれているとか。以上は徳島の滝の達人T様の文献調査の成果。うちのトップにリンクありますよ。

投稿: 毛面 | 2006年12月28日 (木) 20時28分

ありがとうございます。
轟谷も後谷も平井なので、違うようですね。
ちなみに、情報源はこちらです。
http://www.eonet.ne.jp/~yanto/fly/fly1-26-3.htm
和三郎さんからの情報では樫木屋に行く途中の砂防ダムとなっているところがアヤシイと言うことです。地図で見ると確かに滝があります。
ただこれも、この情報が2006年9月のものなので、どうでしょうか?
他にもあたってみます。

投稿: wildwolf | 2006年12月29日 (金) 04時56分

あ、ごめんなさい!
樫木屋と大木屋を勘違いしてました!!
おおぼけでしたね。矢筈山の名がでているのに何で気が付かなかったのだろ。お恥ずかしい。
樫木屋はノーマークでした。機会があれば是非・・って、まだ二見も行ってないのだけど。今年の滝納めは二見になる予定です。

投稿: 毛面 | 2006年12月29日 (金) 19時37分

いえいえ...
二見、いよいよですね。
また、ご感想をお聞きしたいですね。

投稿: wildwolf | 2006年12月29日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海部樫木屋八方地獄 樫木屋1 | トップページ | トレックランのすすめ »