« 二見の滝 5 浜辺探索 | トップページ | 海陽町駅伝大会 そして トレイルラン »

2006年12月13日 (水)

二見の滝 6 ロッククライミング

浜辺の探索を終えて、いよいよ帰途へ。時刻は3時20分くらいだったか?浜に到着したのが2時30分くらいだったから、けっこういたことになる。

Futami801 まず、降りてきたところに行ったが途中で来た道が分からなくなってしまった。目印が必要だと思ったが遅い。コースを変えて、かなり北東よりのコースで登る。10分くらいで、ようやく1つ目の壁を登り終えて、来たところに戻る。そこで、二見の滝が落ちる地点を探すと、それはすぐそこにあった。写真はその地点から滝を見下ろしたものです。

ここで、無謀なことにこの沢を登ることにしFutami802_2た。水量から判断して、そんなにないから、大丈夫と思った。しかし、この先にはもう一つの 滝があるのだが、このときにはそれをさほどに思わなかった。ずんずん行くと、7~8分後に、画像のように少し斜面が急になっている地点に到着。まだこれくらいなら平気と、それほど気にせず、楽しみながら登る。

2分くらい登ると、進行方向は土砂が崩れていて、登れそうにもない。これでおしまいかな、と滝のクライミングをあきらめようとしたら、左手に別の急な沢があった。いよいよ本格的になってきたが、まだ余裕はある。

Futami803_1先ほどの壁を3分くらいかけて登ると、左のように、また別の壁が出てきた。またかと思う。まぁ最初の方は余裕もあったが、だんだんキツくなって来た。今度のは前よりも急だ。この壁はけっこう手こずり、5分くらいかかったと思う。しかし、また次が来た。

これはまいった!自信ない。いよいよオダブツか?といFutami804う想いが頭をよぎる。しかしココまで来て、と言う想いもあったが、やはり命は惜しい。あきらめて引き返す自信もなく、脇へエスケープもできず、仕方なく登る。途中で一度壁からずり落ちかがココだったのかも?正直生きた心地はしなかった。ようやく、8分かかってクリアーし、ホッとした。

Futami805登り切ってみて、下を覗いてみる。どうももう一度やりたいという気がしない。そこから先は割と平坦となっている。多分ココから夏場の水量の多いときには滝となってるんだろうと推測。

気が楽になってゆっくり歩く。ゆるやかな谷になっていて、歩Futami806_1きやすい。もう心配ない、と安心。多分、来たときの寺 敷の脇を流れる谷だと思われる。2分くらい行くと、唐突に石垣を発見した。ここから、登ったら、案の定寺屋敷の杉林であった。

車まで帰り着くのに50分は超えていた。行くときは30~40分だったので、相当苦労したのがわかる。寺屋敷の標高が115mであるので、移動垂直距離で100m近辺だと思う。

|

« 二見の滝 5 浜辺探索 | トップページ | 海陽町駅伝大会 そして トレイルラン »

20 千羽海崖」カテゴリの記事

73 千軒伝説」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね~(実は嬉しがってる)。ご無事で何よりです。普通険しい地形って登りより下りの方が危険なので、降りられたら帰りは大丈夫って思ってしまうのですが、けど比高100mの半ばを人間四輪駆動モードは大変ですね。
私は念のためロープとマーク用のテープ持参でゆく事とします。

投稿: 毛面 | 2006年12月13日 (水) 21時49分

おめでとうございます!
とうとう陸から制覇ですねヽ(´▽`)ノ

そうだ、来年の夏に冷滝探検しませんか。
俺は毛面さんと行くつもりなのですよ。
ぜひご一緒しましょうヽ(´▽`)ノ

投稿: アゲ谷 | 2006年12月13日 (水) 23時10分

>毛面さん

行きと帰りでコースを変えたのが災いしました。(冷汗)行きはウバメガシの林の中、帰りは滝の沢をさかのぼりましたので。
それでも、ロープ等は持って行った方がいいです。

>アゲ谷さん

冷滝?な~んか怪しそうな名前ですね。そそりますね。探したらこんなのがあった!
http://www2g.biglobe.ne.jp/~yosy/hiyadaki.html
えぇ!久尾だったのぉ~
これはいいかも。でもチョット装備をしなきゃ。

投稿: wildwolf | 2006年12月14日 (木) 12時56分

うへえ~隊長!ここでもそう書かれると引っ込みつかなくなるにゃぁ。
みんなでゆきますかぁ。けどこの面子、野生狼、アゲ谷、毛面って、字面だけ見ると異様ですなぁ。

投稿: 毛面 | 2006年12月14日 (木) 19時30分

毛面さんヽ(´▽`)ノ
本当だ!なんか西遊記みたいです。

もう覚悟決めて行きましょう!
2007年は冷滝の年!

早くしないと滝壺が埋まりかけてますよ。
この間の探偵ナイトスクープではもう砂州が出来ていましたね。

もう一度大きな台風が来たら(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

投稿: アゲ谷 | 2006年12月15日 (金) 00時53分

すっかりコメントが遅くなってしまいました。
立て込んでいたのと、体調がまだイマイチなのとがかぶってしまいました。

ということで、すっかり冷滝にイケイケムードになってますねぇ~西遊記と言われてしまったし。
さて、どうしよう?
冷滝は、やはりナイトスクープで出ていた滝なんですね。職場で前に話題になっていました。早速DVDを見てみよう。しかし、アゲ谷さんの話のとおり、埋まりかけというなら、時間の猶予はないなぁ...

投稿: wildwolf | 2006年12月18日 (月) 19時41分

yosyさんが行った頃はゴルジュの先は深い淵だったようなのですが、
探偵ナイトスクープ(2006年9月放送)ではもう滝壺でおにぎりが
食べられるくらいの砂州が出来ていましたよ。
2004年の1000mmオーバーの雨にやられたのかも知れませんね。

どうです?行きたくなりました?
ぜひ行きましょう!

1人では危ないけれど数人ならなんとかなりそうヽ(´▽`)ノ

投稿: アゲ谷 | 2006年12月19日 (火) 12時47分

滝に行った翌日かかった、嘔吐下痢、その直後の風邪もどうやらおさまりそう。長かった~

行けない、いや「いけない!」変換違いというのは、面白いですねぇ...
例の番組のDVDを職場の同僚から借りるのを忘れました。もうちょっとタンマ。

投稿: wildwolf | 2006年12月25日 (月) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二見の滝 5 浜辺探索 | トップページ | 海陽町駅伝大会 そして トレイルラン »