14 ☆源流 槇木屋

2010年7月16日 (金)

槇木屋谷の滝 2 ほんとは1

槇木屋谷の帰り道、鉄線橋を過ぎた地点。
行く時にも滝を確認していたんですが、谷に降りるルートが険しそうだったので、帰りにしました。
前回の滝より、下流にあります。

Sp6200145
▲滝

滝としては、こちらの方が、はるかに滝らしい。
雨が降っていなくても、滝になっていそう。

Sp6200149
▲上流

こちらも、お約束になりつつある、河原の状況。
かなり幽玄な雰囲気です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

槇木屋谷の滝

槇木屋谷の鉄線橋を越えて行くと、谷から大きな音が聞こえてきます。
滝のようです。
そこで、谷に降りてみました。

Sp6200142
▲槇木屋谷

はじめて、槇木屋に降りました。
この川は、槇木屋谷って呼ばれてますが、海部川の本流なんです。

Sp6200129
▲上流

リバートレッキングするのも面白そうですが、
鮎師がくる季節は、考えものですね。

Sp6200137
▲滝

これが、見つけた滝です。
雨が降っていなければ、あるのかな?
滝のすぐ下流の地層は、みごとに浸食されてます。

Sp6200141
▲下流

また、こんどは、晴れた日に来よう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

鉄線橋@槇木屋谷

海部川の旅も、いよいよ槇木屋谷に入ります。

Sp6200112
▲黒塗りのシブい鉄線橋

今も現役です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)